ベルリンでの毎日で体験したこと、気づいたこと、感じたこと。生活のきろく。


by milchschokolade
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Ostbahnhofの大蚤の市 part 2。

f0200015_20305027.jpg

前回に引き続きOstbahnhofの蚤の市にあった気になるもの。

赤いポット。大きさが小さめでころんとしていてかわいい。
f0200015_20324723.jpg


お裁縫道具入れ。
f0200015_20022100.jpg


シンプルなデザインの椅子やタンス。
f0200015_20293052.jpg

f0200015_20301954.jpg


食器セット。
f0200015_20312384.jpg


ペーパーコースター。色合いやデザインがかわいい。
f0200015_20341940.jpg


缶。
f0200015_2001523.jpg


変わった形のドアノッカー。
f0200015_2015112.jpg


指人形、ぬいぐるみ。右下は東ドイツのアニメキャラクター、ザンドマン。
f0200015_20315257.jpg


熊の栓抜き。お酒を持ってるデザインがなかなかキュート。
f0200015_2037160.jpg


文房具が大好きな夫の蚤の市での目的は
素敵な文具グッズ(特に万年筆)を見つけること。
午後予定が入っていてあまり時間がなかったので一人駆け足で見てました。
とにかく万年筆、万年筆。

そんな夫の目がキランっと光ったのは
こちらのボトル。ペリカンの古いインクボトルです。
まだ中身が入ってます(使えないだろうけれど)。
1/2 Lとボトルも大きくて1940年〜50年代ものらしいです。8ユーロ。
f0200015_2004176.jpg

f0200015_2004986.jpg


西ドイツのNIVEA、
f0200015_20363370.jpg

東ドイツのFLORENA。
f0200015_2005869.jpg


演劇など舞台セットや小道具さんにとっては
蚤の市は宝の山かも。
お店のディスプレイにつかえそうなものもたくさん。
f0200015_2011254.jpg


昔のレジ。
f0200015_2015790.jpg


ワイン樽。
f0200015_2018100.jpg


薬の瓶。
f0200015_2014658.jpg


昔の積み木。
f0200015_20334921.jpg


でも買う人はいるのだろうかと思うものもたくさん。

はかりの重り。
f0200015_20352214.jpg


湯たんぽ。
f0200015_20355384.jpg


お気に入りを探すのが大変そうな洋服の山。
f0200015_2011644.jpg



途中小腹が空いたのでこちらの屋台で
ジャガイモとマッシュルームをいただく。
f0200015_2021080.jpg

大きなオーブンの中には、大きなじゃがいもが
ぎっしり。
f0200015_202566.jpg


その上にハーブ入りクワーク(ヨーグルトに近いフレッシュチーズ)をたっぷりのせて。
じゃがいものが甘くてホクホクで美味でした。
f0200015_202146.jpg

マッシュルーム付きで4ユーロ。

大きな蚤の市の場合は、こういった屋台もたくさんでていて
それを食べるのも楽しみの一つです。


ブログランキングに参加しています。
いつも読んでくださってありがとうございます。
ぽちっと応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
[PR]
by milchschokolade | 2013-05-06 21:12 | イベント