ベルリンでの毎日で体験したこと、気づいたこと、感じたこと。生活のきろく。


by milchschokolade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:生活 ( 149 ) タグの人気記事

えんとつ掃除??

f0200015_23535436.jpg

我が家は最上階なのですが
朝起きたら家の屋根に人がいました。

丁度お友だちが泊まっている時。
第一発見者はお友だち。
屋根に人がいるよー!と窓を覗いてみたら、、いました。
えんとつにロープがついたものを入れたり出したりしています。
発見時は隣のお家の屋根で
多分えんとつ掃除の人なのではということになり、そのままにしていたのですが

徐々に家の屋根に近づいてきて
ついに向かい側の家の屋根まで到着。
あともう一人相棒が後から
f0200015_2355276.jpg

出てきたのですが、ん??
f0200015_03299.jpg

シルクハット姿!?
f0200015_2357201.jpg

なぜに!?!

二人ともなぜかシックなユニフォーム。
舞台に出てくる様な出で立ち。衣装みたいであやしすぎます。
本当にえんとつ掃除屋さんなのか不安になり
もしやこれは新手のどろぼう??なのではと心配に。

窓を開けてじーっと見ていたら目が合ってしまい
手を振ったら普通に振り返してくれたので、
特にやましいことはないのかなとちょっとほっとしたのですが。。
でもやはり心配なのでその後はよりしっかり戸締まりをして
お出かけしました。特に問題は無かったようです。

それにしてもこの二人組。
シルクハットの人は特に作業をせず監視役のようで
えんとつ掃除の作業をするのは決まってもう一人の方でした。
それもまたなんかおかしくて、なんとも不思議な光景でした。
本当にあれはなんだったのでしょうか。
未だ謎のままです。
[PR]
by milchschokolade | 2010-06-14 00:22 | 生活
f0200015_22571757.jpg

昨日はお誕生日でした。普段よりちょっと多めのお花を机に。

日本からドイツからと、大切な人から心温まるお祝いのメッセージが届き、
素敵で幸せな1日を過ごすことができました。

ありがとう。
幸せな毎日がおくれるのも
周りのみんなのおかげだなっと
感謝の気持ちでいっぱいです。

昨日は久々に夫の仕事も夕方までというミラクルな日で
仕事が終わってから待ち合わせをしてケーキを食べに行ってきました。

場所は例のLeysieffer。
f0200015_2314271.jpg

今度はお持ち帰りではなくて念願のカフェにてケーキを頂きます。
赤と黒のコントラストがシックで素敵な内装。
f0200015_2325889.jpg


コーヒーカップもお皿もお店のロゴ入りでかわいい。
頼んだケーキはラズベリーとチョコレートケーキ。
チョコレート屋さんでもあるのでコーヒーにはお店のビターチョコレートが付いてきました。
f0200015_2334661.jpg

お誕生日だと言ったら店員さんが
お店にある唯一のロウソクを出してきてくれました。
上の写真の奥に映ってます。
突然だったので、使ってるお皿は多分エスプレッソ用のお皿。

お店は静かでのんびり落ち着けます。
f0200015_2364379.jpg

f0200015_2382049.jpg


その後は一緒に買い物をしてお家に戻り
圧力鍋でつくった手羽先の煮込みを頂きました。
大きく切ったジャガイモも圧力鍋のおかげでほっこりおいしくなります。
圧力鍋ばんざい!
f0200015_2384187.jpg


夜はゆっくりDVD鑑賞をしました。
お家でゆっくりが今は私たちにとって何よりも贅沢です。

普段はあまりお家でお酒を飲みませんが
お祝いなので少し頂きました。
f0200015_2311243.jpg

Eiswein(アイスワイン)という梅酒みたいな甘いデザートワイン。
凍結させたブドウ果実からつくられるワインそうで、
その分糖質やその他の成分が濃縮され非常に甘いワインになるのだそうです。
[PR]
by milchschokolade | 2010-05-11 23:29 | カフェ

蒸籠でエビしゅうまい。

f0200015_15916.jpg

ここ最近ベルリンの気候はまた冬に逆戻り。
気温7度ぐらいまでぐっと下がり、
クリーニングに出そうとしていたコートやダウンを出すことに。
天気も雨が多くて、先週の20度越えは夢のよう。

そんな寒い日は蒸し料理が食べたくなります。
蒸籠から出る湯気を見るとなんとも幸せな気分に。

アジアスーパーで購入できる蒸籠。
値段もお手頃で小さい蒸籠2段セットが6ユーロぐらい。
我が家のはお皿も入る大きいサイズでたしか7ユーロぐらいだったかと。
f0200015_152678.jpg


材料はエビ(たたいて粗い粒状に)と豚挽き肉とみじん切りのネギ。
お醤油・紹興酒・砂糖・ごま油・片栗粉と塩を入れてよく練る。
焼売の皮で包んで
オーブンシートを敷いた蒸籠で
10分ぐらい蒸せばできあがり。酢醤油で頂きます。
f0200015_154082.jpg

できたてはやはり最高。次は肉まんかな〜。
[PR]
by milchschokolade | 2010-05-10 01:24 |

シリット社の圧力鍋。

f0200015_1781195.jpg

ついに念願の圧力鍋を購入しました!しかも特価で♪

ずっとずっと欲しかったのですが、大きな買い物なので
なかなか手が出なくて。。
お友だちのお家で圧力鍋を使ったお料理を食べてから
すっかり圧力鍋のとりこに。

中でも私がねらっていたのは
ドイツにて圧力鍋売れ筋No.1のSilit(シリット社)のもの。

フィスラー・WMFなどドイツには圧力鍋を出している
日本でも有名なメーカーがいくつかあるのですが
ここのメーカーの特徴はシラルガンという独自開発素材を使用していること。

強化ガラスセラミックをコーティングしたものらしいのですが
安全で、ホーローよりキメの細かさと硬質さが高いので
焦げ付きにくくお手入れがしやすいらしい。
重いのがちょっと難点。しかし徹底した安全性。
購入時に色々と圧力鍋を研究したお友だちの強い薦めもあり、
いつかはと夢見てました。

そこへ昨日、突然お友だちからお電話があり
今Karstadtにいるのだけど圧力鍋欲しいって言ってたよね!?
欲しいって言ってたメーカー今特価になってるよー!
ええ!?

ということで急いでKarstadtへ。
ありました!商品のモデルチェンジということで
特価になっている模様。
通常165ユーロの商品が値下げで129ユーロなっていたところ、
今回在庫整理でまたまたその50%オフに!

この機を逃してはならぬ。と気持ちを奮い立たせ商品を抱えてレジのところへ。
いくつかあった在庫も半分ぐらい私がお店にいるうちに
ぽぽぽっと売れていきいました。
カラフルでかわいいホーロー素材のものもあったけど
私は迷わずシラルガン(黒色)素材のものにしました。

10年保証の商品。
商品の性能としてはほとんど変わらないし
ゴムパッキンなど細かい部品までその後購入可能で
長く使えるし、いいよね??
省エネだし、時間も節約、素材の栄養も逃がさないんだよ。
うんうん。
夜、夫に商品性能とどんな料理に使えるか熱く説明。

うれしい〜♪
これで角煮や煮豚、手羽先の煮込み、お豆料理と夢は膨らみます。

さて、一昨日の夜ごはん。
ひじきご飯。
グリーンアスパラとマッシュルームとささみの炒め物。
にんじんとセロリのきんぴら。
大根のお味噌汁。
f0200015_1783387.jpg


昨日の夜ごはん。
麻婆なす。
サンラータン。
セロリとトマトの甘酢和え。
ゴマかけ五穀米ご飯。
f0200015_1785128.jpg

[PR]
by milchschokolade | 2010-04-16 18:34 | お気に入り

中華風カレー。

f0200015_33149.jpg

今の季節はチューリップもきれいです。
お花屋さんには色々な色と種類のチューリップが並んでいます。

今日は本当に久しぶりに夫と二人お家でのんびり。

マイケル・ジャクソンのTHIS IS ITのDVDを借りてきて見ました。

お昼は中華風カレーを作りました。
日本のカレールーはこちらでは高級なので特別な時様に
大切に使っています。
f0200015_3313452.jpg

こちらの味付けは、
カレー粉と豆板醤とオイスターソースと醤油とお砂糖。
レシピの材料ではニンニク・ショウガに
挽肉とたまねぎとトマトとグリーンピースとなっていますが
できるだけ野菜を取りたいので、
私はその時お家にある野菜を色々入れています。

今日はズッキーニやマッシュルーム、細かく刻んだにんじんも入れました。
最後に香菜を乗せてできあがり。

香菜がいいアクセントになって
結構好きなレシピです。
[PR]
by milchschokolade | 2010-04-11 14:29 | 生活

アジサイとカブ漬け。

f0200015_1762931.jpg

今こちらではあじさいがとてもきれいです。
IKEAで特価となっていたのもあって買って参りました。
f0200015_1765042.jpg

日本のあじさいとはちょっと違うような。

こちら日本のあじさい。妹が以前撮影したもの。
f0200015_1772248.jpg

きれいです。

バルコニーがある家に引越ししたので
この春にはお花を植えるのが私の目下の目標。
家が6階なので(もちろんエレベーターなし)
買った土や植木を持って上がるのにも一苦労です。

あじさいもバルコニーに植えたいのだけど
お花の色が土のphに関係すると思うので
今回は鉢のまま楽しむことにします。

一斉に日が長くなり暖かくなったので
あちこちのお家でお庭やバルコニーで日光を楽しむ準備がされています。
IKEAでもパラソルやら外のテーブル・イスセットやら
沢山売られていてみんなこぞって購入していきます。

やっと木の芽も出てきました。
どれほどこの季節を待ち望んだことか。

いいかぶが手に入ったのでかぶ漬けを作りました。
f0200015_1783738.jpg

祖母秘伝のレシピです。
いつもお正月とか冬になったら祖母が作ってくれて
実家の食卓に並んでいました。

乾燥ゆずがあったので最後に一振り。
ゆずの香りが少しあるだけで大変身。ぐっとおいしくなります。
祖母にレシピを書いてもらったのですが
その書き方がかわいかった。コップの絵が描いてあって
三杯酢このくらい、普通の酢このくらい、と印がしてある。
ほとんど目分量。

たしかに家庭では普通のレシピ本みたいに
塩が何グラムなんて計ってないですもんね。

たくさん作って冷蔵庫で保存。
f0200015_179946.jpg

こういうのが冷蔵庫にあると、ちょっと安心します。
[PR]
by milchschokolade | 2010-04-09 17:30 |

ジンジャーシロップ。

f0200015_1222467.jpg

たくわんではありません。
ショウガです。

体を冷やさないようにショウガのシロップを作ることにしました。
スパイスを入れたので
サイダーで割って飲むと自家製ジンジャエールにもなります。

材料はショウガ。今回は
香りを出すために皮も使いたかったのでビオのショウガを使ってみました。
こちらのショウガはすごく乾燥していて繊維がしっかりしてます。
f0200015_1234856.jpg

ショウガと同じ量のきび砂糖。黒糖もプラスしました。自然なカラメル色になります。
f0200015_1283936.jpg

使ったスパイスはこの通り。
ローリエ2枚、シナモンスティック2本、カルダモン(中の種だけ)5個分、
クローブ4個、そして黒こしょう2・3粒。
f0200015_129027.jpg

唐辛子を入れるとより辛みが出て、ウィルキンソンのジンジャエールに近づくそうです。
うちは辛いのが苦手なので今回は唐辛子を抜きで作りました。
スパイスの量はお好みで。

スライスしたショウガに、きび砂糖をまぶして一晩おいておくとこの通り。
f0200015_1224981.jpg

たっぷりの水分がでます。
それに300ccぐらい水を足して
スパイスごと火にかけて、レモンをしぼって
沸騰したら灰汁を取って、弱火でコトコト煮詰めたらできあがり。
今回は皮もテーパックにいれて一緒に煮込みました。
よりショウガの香りと辛み成分(温かくなるもと)が凝縮された感じです。
f0200015_1281081.jpg

600gぐらいのショウガでこの一瓶とちょっとのシロップが出来ました。
お湯で割ったり、紅茶に入れて飲んだりすると体が温まります。

副産物として出来たのは、煮込んだショウガを天日干ししたものに
砂糖をまぶしたショウガのお菓子。
f0200015_1291656.jpg

こちらのショウガは辛み成分が強いのか
なかなか辛さが抜けず、一口目はいいのですが後味がかなり辛いです。
(スライスした時点で水でよく洗うと辛み成分が少し抜けるみたいです。)
でも癖になるお味。
どうぞお試しあれ。
[PR]
by milchschokolade | 2010-04-07 02:06 |

シュークリーム。

f0200015_05860.jpg

夫のリクエストに応えてシュークリームを作りました。
ドイツではなかなかおいしいシュークリームに出会えません。
シュークリーム自体あまりお店では見かけません。
あってもシューが堅くてクリームも甘い。そして大きい。

シューのレシピはこちらを参考にさせてもらいました。
すごく簡単。
生地の上にアーモンドクランチをのせて焼きました。
f0200015_055214.jpg

シューが膨らむかどうか最後までどきどきしましたが
f0200015_063227.jpg

無事成功。
二人では食べきれない数ができたので
お友だちにもお裾分けしました。

クリームも材料を合わせてレンジでチン。
簡単でした〜。

食べる前にカスタードクリームと生クリームをいれて
上から粉砂糖をぱらぱら。

夫もごきげん。よかった。
[PR]
by milchschokolade | 2010-04-06 00:15 |

ドイツで入院・手術。

f0200015_2228179.jpg

長らくご無沙汰していました。
実は手術をし入院していました。

今は精神的にも身体的にも
すっかり元気なので安心してください。

ドイツでの入院、手術。
こちらで生活している人は不安に感じると思います。
私も突然のことで戸惑いましたが
夫を始め、たくさんの周り方々に助けて・支えてもらえ
無事退院し回復することができました。

入院生活は改めて周りのたくさんの人に
自分は助けてもらっているんだな、ありがたいなと
感謝しなくてはと感じる数日間でした。

私の場合は子宮外妊娠。
前回も普通に予定通り生理がきていたので
今回妊娠していることの自覚がなく
自分にとって青天の霹靂でした。

入院、手術を通じて
なにげない日々が幸せであること、
そして医療に携わる方々への尊敬の念、
そして命が誕生することの奇跡、
たくさん感じて、考えることができました。

婦人科病棟の看護婦さん・お医者さんは親切で
何も問題はなかったのですが
もちろん食事はパン中心。

手術後は安定するまで軽い食事となのですが
基本は、お昼だけ温かい食事。
朝と夜はパンとハムとチーズ。
アーベントブロートと言われるように
ドイツの夕食はパンとハムなどの冷たい食事が普通です。

入院中は余裕もないのと楽しみが食事ぐらいだったので
おいしく食べられました。

手術後初めての食事。
f0200015_221893.jpg

朝食。
f0200015_22185381.jpg

お昼。にんじんとジャガイモのスープ。洋なしのムース。
f0200015_22191149.jpg

夕食。
f0200015_22262690.jpg


またまた朝食。
f0200015_22192717.jpg

やっとしっかりしたお昼。しなしなではありますがサラダ付き♪
f0200015_22255634.jpg


とにかく野菜がでません。
日本の病院食は栄養士さんがしっかりと
カロリー計算されて管理された食事のイメージですが
ドイツはどうなんでしょう。
病棟が婦人科ということもあって
病気とは関係ないからとは思いますが
栄養が偏りそう。

でもとにかく無事に手術が終わり
経過も良好。
退院後、母もベルリンまで来てくれました。
やっぱり一緒にいてくれると心強いしほっとします。

皆様ありがとう。

少しでも自分の体がいつもと違うと思った場合は
すぐ病院にいくことが大切。
ネットでも情報がたくさん流れているけど
自分の状況は自分の状況。
必ずしも同じ症状ではないし、例外もある。
気になった場合は少しでも早くお医者さんにいってくださいね。
[PR]
by milchschokolade | 2010-04-04 22:45 | 生活