ベルリンでの毎日で体験したこと、気づいたこと、感じたこと。生活のきろく。


by milchschokolade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
f0200015_0565297.jpg

前回に引き続きイギリスの田舎町散歩。
ローワー スローター(Lower Slaughter)には
絵本に出てきそうな本当に可愛いお家がたくさん。
f0200015_0573710.jpg

お庭や塀も含めてお家全体が素敵。
f0200015_0563448.jpg

f0200015_058086.jpg

f0200015_058128.jpg


2011年のGoogle Street View Awardsでローワー スローターのCopse Hill Road が
イギリスで一番ロマンティックな通りになったらしい。

村を流れる小川の水も透き通っていて鴨もたくさん。綺麗でした。
f0200015_0564368.jpg

緑がたくさんの初夏に来たらもっと素敵だったと思います。

どのお家も玄関がお洒落でした。
f0200015_057294.jpg

入り口には暖炉のための薪がお洒落に積んであります。
f0200015_0571359.jpg

f0200015_0562511.jpg

f0200015_0582063.jpg

ホテルのレストラン前。柊が素敵でした。
f0200015_0575121.jpg


ブログランキングに参加しています。
ぽちぽちっとクリックをお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
[PR]
by milchschokolade | 2012-01-09 01:22 | 旅行
f0200015_22255285.jpg

遅くなりましたが
明けましておめでとうございます。
2012年が皆様にとって笑顔のたくさんの年となりますように。

いつもブログを見に来てくださってありがとうございます。


今回の年末年始は、お友達にお誘いいただき
イギリスに行ってきました。
ロンドンより70マイル離れた小さな町で
のんびり静かに年越しを迎えることができました。
貴重な経験をさせてもらい、お友達には本当に感謝です。

家の隣にはすぐ羊の群れ。
f0200015_22253242.jpg

周りは牧草地ばかりで本当にのどかな場所でした。
手足と顔が黒い、羊のイラストではよく見る羊を初めて見ました。
f0200015_22252498.jpg


ベルリンでの花火とともに迎える賑やかな年越しもいいけれど
やはり親しい人たちと楽しくゆったりと静かに迎える年越しもいいなと
しみじみ思いました。

そして年始は14世紀から17世紀の古い町並みが残る
チッピング・カムデン(Chipping Campden)と
ローワー スローター(Lower Slaughter)に連れて行ってもらいました。

チッピング・カムデン(Chipping Campden)は
タイムスリップしたような可愛い建物がたくさん。
街全体をご覧になりたい方はこちらへどうぞ。


町の建物の色は全て蜂蜜色で統一されています。
f0200015_222878.jpg

とにかく建物、入り口などが小さい。
f0200015_22575095.jpg

宿り木が生えている木を発見。青々とした丸い塊が宿り木です。
f0200015_22514925.jpg


丁度クリスマスの飾りが残っていて雰囲気たっぷりでした。
f0200015_22522434.jpg

入り口の前にこのようにクリスマスツリーを飾るのが
昔からの風習だとか。最近はこうやって飾るところも少なくなって来ているそうです。
f0200015_22275684.jpg

f0200015_2227456.jpg

f0200015_22273016.jpg


年始早々の乗馬・狩りを楽しんでいる人をたくさん見かけました。
馬もそして人間の格好も美しかったです。
f0200015_222767.jpg

f0200015_22271981.jpg

f0200015_22572637.jpg


そしてチッピング・カムデンだけでなく
私が訪れたイギリスの小さな町全てで見事だったのがクリスマスリース。
とてもセンスの良いリースがどのお家のドアにも飾られていました。

集合住宅の多い都会ベルリンの町中では見る事が出来ない風景。
可愛いドアとお洒落なリースがとても素敵でした。
もっと写真を撮ってくればよかったです。
f0200015_23502787.jpg

f0200015_2349294.jpg

f0200015_2349504.jpg

f0200015_23401994.jpg

f0200015_23513360.jpg

f0200015_23523012.jpg

f0200015_2352885.jpg

f0200015_23525654.jpg

f0200015_0342934.jpg

ドイツでは柊のリースはあまり見かけません。ほとんどもみの木。
国によって使っている素材が違うのも面白かったです。
f0200015_2339231.jpg

f0200015_23395686.jpg



ブログランキングに参加しています。
ぽちぽちっと応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
[PR]
by milchschokolade | 2012-01-09 00:21 | 旅行
f0200015_3403474.jpg

ルーブル美術館の地下ショッピングセンターにある
紅茶専門店マリアージュフレールのカフェに行ってきました。

お店の中に入るとたくさんのお茶。
f0200015_3405647.jpg


ちょっと小さいのですが
お店の2階と1階角がカフェになっています。
※カフェはマレ地区のお店の方が大きくて落ち着いているそうです。
f0200015_341922.jpg


カトラリーにもお店の名前が
しっかりと刻まれていました。
f0200015_34131.jpg


数あるお茶の種類から選んだのは
(黄色い分厚い本がお茶の本。
お茶の説明とマリアージュフレールの歴史が書いてあります。)
f0200015_3413148.jpg

マルコポーロとウエディングインペリアル。

マルコポーロはマリアージュフレールを代表する紅茶で人気のフレイバー。
中国とチベットの果実とお花をミックスした甘い香りの紅茶です。

ウエディング インペリアルはアッサムティーに
カラメルとチョコレートの風味を付けたもの。
こちらも甘い香り。

そして一緒に紅茶マルコポーロの香りのクレーム ブリュレも。
f0200015_3412572.jpg


パリパリのカラメルの下にはとろとろクリーミーなクリーム。
甘すぎず、なめらかで
今までで食べたクレームブリュレの中で一番美味しかったです♪
f0200015_3411660.jpg

ボリュームがあるので私たちにとっては
2人で1つで丁度よいサイズでした。

紅茶もポットで、3〜4杯分たっぷり入っています。
濃くはなっても最後まで渋さが出ないのには驚きました。
お店を出る頃はお腹がたぷたぷ。

その日は日曜日で通常のお店はお休みでしたが
ルーブル美術館地下のお店は
日曜日でも営業してました。
f0200015_3404176.jpg

ティータイムの後は地下街のお店をうろうろ。

夫はコメディーフランセーズ劇場のショップに釘付け。
動かなくなりました。
f0200015_3404863.jpg


そうそう、こちらのマリアージュフレールのカフェ、
お手洗いがありません。もし行きたい場合は
カフェの人に伝えるとカフェ利用者には
ショッピングセンターのお手洗い利用チケットがもらえます。

ショッピングセンター内のお手洗いは有料でデラックス。
お手洗いグッズを売るショップにもなっています。
こんなカラフルトイレットペーパーのオブジェ兼商品が置いてあります。
f0200015_47738.jpg



ブログランキングに参加しています。
ぽちぽちっと応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
[PR]
by milchschokolade | 2011-12-05 04:45
f0200015_23454653.jpg

さて今回のパリ旅行。
一番楽しみにしていたのは、食べること!
甘い物には目がない夫婦。
かわいくて繊細で美味しいお菓子がたくさんのパリは
本当に楽しかった(美味しかった?)

ちょっと入ったカフェで頼んだカフェエクレア。奥はチョコエクレア。
美味しい!
f0200015_2381182.jpg


パン屋さんのリンゴタルト。美味しい!きれい!
f0200015_2374461.jpg


街のお菓子屋さん。佇まいがかわいい。
f0200015_2373537.jpg


たくさんの美味しいものに囲まれ
毎日どれを食べるか迷えて、幸せでした。
f0200015_0503113.jpg


さてさて、
パリに到着してすぐに向かったのはPIERRE HERMÉ PARIS
f0200015_23455678.jpg

早速マカロンを調達しました。
f0200015_2346316.jpg


パッションフルーツとチョコ味のマカロンとチョコレートとゆず味のマカロン。
f0200015_23461552.jpg

そして今回の新作、マンダリンとオリーブオイルのマカロン。分厚い。
f0200015_23462954.jpg

オリーブオイルの味、しました!
どれもクリームたっぷりで繊細で美味しかったです。

そして一番食べたかったのはこのIspahan(イスパハン)のケーキ。
ピエール エルメの代表的なケーキ。
f0200015_23485985.jpg

ローズのマカロンにフランボワーズとライチ、
バラ風味のクリームが挟まっています。
ケーキのデコレーションには本物のバラの花びら。
感動的な美味しさ、絶妙なハーモニー♪
ピエール エルメはやっぱり天才です!

イスパハンは
ピエール エルメがラデュレでシェフパティシエをしていた頃に
できたケーキ。ラデュレでも同じレシピのイスパハンケーキがあります。
こちらはラデュレのイスパハン(ホールサイズ)。ハートでかわいい。
f0200015_0503241.jpg


PIERRE HERMÉ PARISにはなんとイスパハンのクロワッサンもあります♪
中にはバラのジュレが入っています。こちらも美味でした!!
人気があって結構売り切れになってしまうクロワッサン。
最後の一個をゲット!食べられてよかった〜。
f0200015_23491284.jpg


パリ美味しいもの旅、まだ続きます。


ブログランキングに参加し始めました。
ぽちぽちっと応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
[PR]
by milchschokolade | 2011-11-28 02:53 | 旅行
f0200015_529915.jpg

ベルリンはついに秋の気候に。お昼の時点で13℃。寒いです。
夏休みは8月一杯。もうすぐ終わるお休みを前に
ただ今お部屋や写真の整理中。

ちょっとさかのぼりますが
フィレンツェ滞在中に地元の方に教えてもらった
おすすめのお店を2つご紹介します。

一つ目は1733年創業。フィレンツェの老舗カフェの一つ、カフェ・ジッリ(GILLI)
f0200015_5294639.jpg

レプブリカ広場に面した場所にあるのですぐ見つけられるはず。
f0200015_5304229.jpg


イタリアはテーブル料金が別にかかるので
カウンターで頼むのがおすすめ。
f0200015_5292424.jpg

カウンターでコーヒーや軽食を頼んでいる人がたくさんいます。

エスプレッソマキアート。エスプレッソにフォームミルクを入れたもの。
f0200015_5314238.jpg

カウンターでなら1ユーロ。テーブル着席だと4.5ユーロでした。
マキアートとは、「しみ」とか「印を付ける」という意味らしい。

先日、エスプレッソはコーヒーよりカフェインの含有量が少ないと
教えてもらってびっくり。
しかも消化促進にもなり、夕食後に飲むのは
コーヒーよりおすすめとのこと。

ちなみにイタリアでカフェといったらエスプレッソ。
ドリップコーヒーやCafé crèmeはなし。
カフェ アメリカーノを頼むとエスプレッソとお湯が出てきます。

今まで苦くて苦手だったエスプレッソ。
この旅行で好きになりました。

お外では貫禄あるわんちゃんを一匹発見。
f0200015_5321322.jpg

いや、2匹でした。おそろいのリードがおしゃれ。
f0200015_5322595.jpg


2つ目のお店はSanta Trinita橋近くにあるジェラート屋さん Gelateria Santa Trinita
f0200015_5331750.jpg


フィレンツェには本当にたくさんジェラート屋さんがあるのですが
お値段もお味も様々。
中にはびっくりするような色をしたものや甘すぎるものも。

ここのお店は地元でも大人気。
種類も豊富、お値段もお手頃でしかも量はたっぷり。安心です。
f0200015_5331040.jpg


どれも美味しくて何度も通いました。
写真はブラットオレンジとキウイのアイス。
f0200015_533023.jpg


フィレンツェに行かれる際には、ぜひ足を運んでみてください。

GILLI
Via Roma 1/R, 50123 Firenze
Tel. +39 055 213896
Fax: +39 055 2691118

Gelateria Santa Trinita
Piazza Frescobaldi, 11-12/r (Ponte Santa Trinita)
50125 - Firenze
Tel. +39 055 2381130
[PR]
by milchschokolade | 2011-08-31 07:27 | 旅行

イタリア滞在。

f0200015_14523577.jpg

7月中旬から夏休みに突入し、日本からベルリンに遊びにきてくれた家族と
一緒にイタリア旅行に出発しました。

LOVE BODY LOVE EARTHさんにイタリアのトマト事情について書いています。
詳しくはこちらをどうぞ!
[PR]
by milchschokolade | 2011-07-28 14:49 | 旅行
f0200015_4344873.jpg

先日お友達に誘っていただき
ポーランドの陶器の街、ボレスラワビエツ(Boleslawiec)に行ってきました。
ベルリンでも市場に出ていて(その時の記事はこちら)前から気になっていた食器です。

ボレスラワビエツはベルリンから車で3時間ほどのところにあります。
今回はお友達が事前に色々お店を調べてくれていて
たくさんのお店に行け、至れり尽くせりの旅でした。
お友達に本当に感謝です!ありがとう。

こちらはボレスラワビエツに行く途中で寄った
小さなお店で見つけた小鉢。
f0200015_4365076.jpg

ボタン。
f0200015_4395279.jpg

小さなピッチャー。
f0200015_4404953.jpg


ボレスラワビエツの街には、密集してお店や工房が並んでいて
お店によって柄や形など置いてあるものが微妙に違います。
たくさんある中からどれを購入するか、本当に迷いました。
f0200015_4412229.jpg


どのお店にも大抵ある定番の柄はこちら。
f0200015_4454592.jpg

f0200015_4444118.jpg

f0200015_4478100.jpg

f0200015_514625.jpg

この定番柄もお店によって食器の形や薄さ、
藍色の濃さが違っていて面白いです。

こちらのお店は壁も定番柄のドットでした。
f0200015_4481066.jpg


ティーストレーナーと蓋とスプーンが付いた
ティーカップセット。
f0200015_4484646.jpg


かわいいブタの貯金箱。
f0200015_4503453.jpg


ブタ型の食器。
これはハックペーター(Hack Peter)入れ。
※ハックペーターは豚肉のタルタルステーキみたいなものでパンに付けて食べるのが定番。
f0200015_451538.jpg


これは私が買おうか迷った食器セット。
この藍色だと和食にも合いそう。下に大皿が付いています。
f0200015_4544696.jpg

柄違いもあります。
f0200015_452561.jpg


どれもかわいくて
見ているだけでも興奮します。

食器だけではなく様々なものがありました。
イースターエッグ。
f0200015_4433052.jpg

キャンドル。
f0200015_444475.jpg

時計。
f0200015_4553664.jpg

壁掛けの引き出し。
f0200015_581317.jpg

コーヒーミル。
f0200015_5122676.jpg

すず。
f0200015_5103290.jpg

ちょっとまぬけで愛嬌のある動物たち。
f0200015_4564813.jpg


どこのお店も所狭しと食器が置かれていて
その中からお気に入りを探し出すのも結構大変。
f0200015_5156100.jpg

f0200015_534977.jpg

f0200015_56376.jpg

f0200015_456040.jpg

f0200015_573298.jpg

f0200015_5105274.jpg

ここでは床にどんと鍋が並べてあります。
f0200015_5132442.jpg

とにかくお店がいっぱい。そして品数もたくさん。
目移りしちゃいます。

お値段も柄の細かさなどに比例して様々です。
そして同じ柄や形でも、形・絵の完成度や上薬の状態などでランク付けされています。
(1〜5ランクぐらいまで)

電子レンジやオーブン、食器洗い機など全てに使えるので
お友達からはしっかり使うためには
低いランクのものは避けた方がいいとのアドバイス。

こぼれ落ちそうな危険な状態で置かれているポット。
f0200015_522863.jpg

ソルト&ペッパー入れ。
f0200015_503857.jpg

ポット。
f0200015_531816.jpg

かわいらしいスプーン。
f0200015_541533.jpg

中にはこんなモダンな柄も。
f0200015_544379.jpg

リンゴ型の陶器。この中にリンゴを入れてオーブンへ。
すると簡単に焼きリンゴが作れるとのこと。
小物入れとしても活用できそうです。
f0200015_551998.jpg

かわいいタイル。
f0200015_57135.jpg


ポーランド陶器好きの妹が既に持っていた
牛型ミルクピッチャーも発見!
f0200015_584114.jpg

柄違い。
f0200015_595254.jpg

お皿。
f0200015_5451415.jpg

直径30cm以上の大皿(パイ型)。形がかわいい。
f0200015_5112165.jpg

カッタープレート。
f0200015_5115462.jpg

ケーキサーバー。
f0200015_5125292.jpg


お値段はベルリンと比べてずっとお安く良心的。
でもポーランドの通貨の桁が大きいので、
買うのをためらってしまうこともしばしば。

ボレスラワビエツは、陶器好きにとって
夢のような素敵な街。
ベルリンに戻ってきてすぐにまた行きたくなりました。
8月には陶器祭りがあるそうです。

私は定番のドット柄のティーカップとケーキ皿などを購入しました。
これで朝ご飯を食べると幸せです〜。
[PR]
by milchschokolade | 2011-06-12 06:13 | 旅行
f0200015_8323422.jpg

ザルツブルグにあるイースターエッグ専門店。

とにかく店内は見渡す限り、色とりどりのイースターエッグで
埋め尽くされています。
f0200015_838712.jpg

扱っている量は半端ではありません。
f0200015_8484270.jpg

f0200015_849925.jpg


イエロー系、ピンク系、ブルー系など
一応似たような色に分けて展示されています。
f0200015_8393044.jpg


年中展開しているのでイースターエッグのみならず
クリスマスエッグ(?)や
f0200015_8423266.jpg

f0200015_8383319.jpg

イエスの顔のデザインや(写真真ん中ぐらい)十字架柄や
f0200015_843271.jpg

普段はあまり見かけない音符柄、フルーツ柄など
変わったデザインのものも扱っています。

お花の柄
f0200015_840492.jpg

ラインストーンが貼ってあるもの
f0200015_8411144.jpg

ウサギ柄
f0200015_8464635.jpg

エンボス加工のお花柄
f0200015_8445074.jpg

レース柄
f0200015_8453640.jpg

テントウムシが付いた春らしいデザイン
f0200015_8434164.jpg

テントウムシ柄とウサギ柄
f0200015_844272.jpg

イニシャルが入った柄
f0200015_846441.jpg

私が購入したイチゴ柄もあります。
f0200015_8415868.jpg


クリスマスエッグではサンタ柄
f0200015_8471659.jpg

ポインセチアやヒイラギ柄などなど
f0200015_8474855.jpg


とにかく量が多すぎてどこから見ていけばいいか分かりません。
一つ一つの絵柄を確かめて購入するのは相当時間がかかります。。

お値段は3ユーロぐらいから十数ユーロまで
デザインによって様々でした。
f0200015_8482036.jpg

店内を見るだけでも楽しいので
ザルツブルグに行かれる方はぜひ訪れてみてください!
そのかわいさに興奮すること間違いありません。おすすめです。

Ostern in Salzburg
Judengasse 13, 5020 Salzburg, Austria
[PR]
by milchschokolade | 2011-04-24 09:14 | 旅行

ポツダムのお花屋さん。

f0200015_5181018.jpg

随分前になりますが、母とポツダム(Postdam)に行った時に
かわいいお花屋さんを見つけました。

ポツダムへはベルリンから電車で30-40分ぐらい。
ポツダム宣言の会談が行われた場所です。

卵の形のロウソクを飾るリース。色合いも素敵ですが
所々にドット柄の小さな羽根が使ってあっておしゃれ。
f0200015_521984.jpg


店内もイースターエッグが飾ってあったりと素敵。
f0200015_5243390.jpg

置いてあるお花の色合いも絶妙です。
f0200015_525668.jpg

天気も良かったのでお花の色もより輝いて見えました。
f0200015_5252345.jpg

[PR]
by milchschokolade | 2011-04-16 06:01 | 散歩
f0200015_0441524.jpg

ドイツでサッカーと並んで人気のあるスポーツ、アイスホッケー。
ずっと行きたかったのですがなかなか行けず
ケルンでついに念願達成しました。

既に熱気むんむん。
ケルンのアイスホッケーチームKölner Haie(ケルン サメ)のサポーター。
f0200015_0452463.jpg

対戦相手はドルトムントでした。
会場のほとんどが赤いユニフォームで埋め尽くされているので
ドルトムントも赤いチームカラーかと思いきや
上の上の席の片隅に青い軍団がいました。
でもびっくりするほど少人数。

会場はボールが止まったり、ゴールが決まったりすると
愉快な音楽が流れます。和気藹々としていて
全くの初心者の私たちでも楽しめました。
f0200015_050587.jpg


やっぱりホームのチームが得点を入れると
会場全体がどっと沸いて楽しいです。
喜びの音楽とともにマフラーを振り回すのが応援の仕方のようです。
f0200015_054710.jpg

そして会場が思ったより暖かくてびっくり。
もっと厚着をして見るものだと思っていましたが
外での観戦、サッカーよりこの時期は断然いいかもしれません。

気合いが入った手作りのチームシャツ。
旗を振る係の人だったので筋金入りのサポーターでしょう。
f0200015_0545593.jpg


会場は赤いチームカラーに埋め尽くされているのに
そんな中でこんな姿の方も(写真右側)。
f0200015_055463.jpg

ただ今ケルンではカーニバル準備期間中
(実際のカーニバル期間は2011年3月3-8日。幕開けは2010年11月11日)。
町では普通にメイクと仮装をばっちりした人がたくさんいます。
仮装はパレードなどが開催される5日間だけなのかと思っていたので
始めはびっくりしました。

でもアイスホッケー場にも仮装して来ている人がいるとは。
さすがケルン。

ケルンのアリーナはドイツ国内の中でも最大級らしいです。
この日はケルンが勝利。
なんと次回の対戦相手はベルリンのホッケーチーム、
Eisbärenアイスベーレン(シロクマ)とのこと。

ドイツリーグチャンピオンのベルリンチーム。
ベルリンのアイスホッケーも観に行かなくては!
f0200015_1448.jpg

[PR]
by milchschokolade | 2011-03-02 01:20 | 旅行