ベルリンでの毎日で体験したこと、気づいたこと、感じたこと。生活のきろく。


by milchschokolade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
f0200015_559542.jpg

ベルリン西側の劇場、ルネッサンス劇場へ行ってきました。
演目はRALPH UND CAROL - NOCH EINMAL VERLIEBT
お目当ては役者でありオペラの演出家でも有名な
オットー・シェンク(Otto Schenk)。御年81才。

彼が今回演出家としてではなく、主演俳優として出演すると知り
夫と二人、一目見ようと劇場に向かいました。

オットー・シェンクはメトロポリタン歌劇場やミラノ・スカラ座など
名だたる歌劇場でオペラの演出を手がけてきた演出家。

でも私が初めて彼を知ったのはLend Me a Tenor(レンド・ミー・ア・テナー)という
コメディー。彼は舞台恐怖症のスターテノール役として出演しています。
DVDで芝居を見てからファンになりました。
日本でも同じ演目が加藤健一事務所で上演されたみたいですね。
ブロードウェイでも芝居やミュージカルになっているそうです。

さて、ルネッサンス劇場に話は戻ります。
入り口。とてもクラシックな作り。
f0200015_5595289.jpg

客席と舞台のサイズは小さいけれど、壁が木目調で細工がしてありとても品がいい。
f0200015_5593920.jpg

年齢層は高く殆ど60才以上。
f0200015_5593120.jpg

バー。
f0200015_5594598.jpg

ドアの金飾りも素敵。
f0200015_5591672.jpg

飾り文字もおしゃれでした。
f0200015_5592348.jpg


内容はオットー・シェンク演じるラルフがキャロルに恋をするラブコメディー。

演出もお話も分かりやすかったです。
客席が小さいので間近でオットー・シェンクを見ることができて幸せ。
やはり81才。動きがゆっくりでおじいちゃんでしたが
役に合っていてかわいかったです。

Renaissance Theater
Hardenbergstrasse 6
Charlottenburg


ブログランキングに参加し始めました。
ぽちぽちっと応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
[PR]
by milchschokolade | 2011-11-18 07:13 | 劇場
f0200015_723445.jpg

無事に劇場衣装部での研修が終わりました。
体力勝負の部分が多い劇場仕事。

衣装部も変わらず体力勝負でした。

毎日よく頑張った私。

感謝の気持ちを込めて、衣装部のみんなに
手作りお菓子をプレゼントすることにしました。

リンゴとクルミとシナモンのケーキと
f0200015_725167.jpg

抹茶のケーキ。抹茶のケーキには粉砂糖を振りました。
f0200015_7244100.jpg


ドイツではプレゼントのラッピングがとても大切。

2種類のケーキを重ねてリボンで結んで、
ラッキーアイテムのてんとう虫チョコを飾りに付けました。
f0200015_725924.jpg


それぞれにメッセージカードを付けて出来上がり。
f0200015_73840.jpg


劇場に持って行ったらみんなとっても喜んでくれました♪

研修が無事に終わってほっとしているのに
ちょっと寂しい気持ちもあって
不思議な気持ちが入り混じっているこの頃です。

ブログランキングに参加し始めました。
ぽちぽちっと応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
[PR]
by milchschokolade | 2011-11-17 07:22 | 劇場
f0200015_705255.jpg

先日Prenzlaureralle駅近くにある
Staatliche Balletschule Berlin und Schule fuer Artistik
のOeffunung Tagに行ってきました。
バレエ・舞台ダンス科とアーティスティック科(アクロバティック・芸能系)
があり元々は別の学校だったものが現在一つの団体になっています。

こちらがアーティスティック科体育館。
f0200015_704036.jpg

中では丁度、参加者が体験できる時間帯でした。
f0200015_703292.jpg

舞台でバク転をしたりロープを使った芸やジャグリングなどをするエキストラは
ここの生徒がやっていて、丁度知り合いに遭遇。
きちんとしたショーは残念ながら遅い時間だったので
諦めて、ダンス科の方を見学することにしました。

こちらはバレエ・舞台ダンス科校舎。立派です。
f0200015_725387.jpg

中に入るとすでに沢山の人。
あちこちでお団子頭の生徒を見かけます。
未来のバレリーナ、ダンサーがたくさん。
f0200015_723539.jpg

f0200015_7155841.jpg

f0200015_7143132.jpg

f0200015_714583.jpg

f0200015_7153762.jpg


こちらは衣装倉庫。
たくさんのチュチュが置いてあります。
f0200015_7304.jpg

ハンガーには衣装と一緒に付けるアクセサリーなどが
入った袋も一緒にかかっています。
これは舞台衣装でも同じ方法。
f0200015_731910.jpg

でもチュチュがこんな風に薄くたたんでハンガーに掛けられるとは知らなかった。
f0200015_731318.jpg

どれも子ども用なので小さい衣装ばかり。
f0200015_732778.jpg

f0200015_733926.jpg

ペチコートも小さいです。
f0200015_734811.jpg


メインエントランスのホールでは
上級生がパフォーマンス中。
f0200015_7357100.jpg

f0200015_7456.jpg

吹き抜けになっているので上からも見えます。
f0200015_74149.jpg


教室では様々なレベルのクラスがレッスン中。
授業参観・発表会のようです。実際、一般市民だけでなく
お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんたちが
カメラやビデオを片手に熱心に見学してます。
f0200015_742079.jpg

どこもとっても広い教室。左奥にはピアノと先生。
f0200015_7104391.jpg

1クラス12〜14人の少人数制でとっても贅沢。

ここでは5年から13年生までが勉強していて
ダンスだけでなく通常の義務教育もしているらしい。
寮もあります。

教室によっては外から見学が出来るようにガラス張りになっているところも。
f0200015_7112348.jpg

f0200015_7122136.jpg


上のクラス。
f0200015_7162939.jpg

f0200015_7165186.jpg


小さな観客席のあるホールもあって、
上級生による「星の王子さま」公演のダイジェストを見ました。
星の王子さまは日本人の女の子。その他日本人が何人かいました。
今度Wolfsburg劇場で上演されるそうです。
f0200015_7171866.jpg


その日は本当に暖かくて天気もよくて気持ちがいい1日でした。
f0200015_7183114.jpg

f0200015_7205951.jpg

学校見学は初めての経験。楽しかったです。
[PR]
by milchschokolade | 2011-11-07 08:17 | 劇場

初日無事終了!

f0200015_5191517.jpg

無事に衣装研修で入っていたプロダクションの初日が開けました!
ほっと一安心。やったー。

初日には、出演者、スタッフも含め皆
お祝いのプレゼントを交換し合います。

今回のプロダクションのテーマが昆虫ということで
てんとう虫チョコを買ってきました。

てんとう虫は4つ葉のクローバーと同じで
縁起がよいものとされているので
今回の様にテーマが昆虫でなくても
てんとう虫チョコは初日プレゼントの定番。

衣装部のみんなへのプレゼントは
今回はバナナケーキにしました。
バナナも今回のプロダクションに登場します。
f0200015_5192920.jpg

ペーパーで包んで
f0200015_5212841.jpg

マスキングテープでくるくるとめました。
f0200015_519415.jpg

別にカードを作ってリボンで添えて出来上がり。

みんなからのプレゼントも予想通り
てんとう虫モチーフが多かったです。
プロダクションのテーマに沿い
趣向を凝らして作ったプレゼント。いつもすごいなって思います。
f0200015_5194928.jpg


こちらはチョコレートの包み紙を昆虫柄に変えて
初日のかけ声、Toi, toi, toi!(頑張って!)と書いてあります。
f0200015_52082.jpg


こちらは舞台美術と演出部の研修生からもらった
手作りのクッキー。てんとう虫が描いてあります。
f0200015_5195769.jpg


これで少しは落ちついた生活ができるかな。
とにかくしっかり体を休めなくては。
既に夫婦共々風邪気味。。。

天候不順で(寒くなったり暖かくなったり)
風邪がものすごく流行っています。
気を引き締めていかないと。
[PR]
by milchschokolade | 2011-11-02 05:50 | 劇場
f0200015_7414295.jpg

毎年恒例のコーミッシェ・オーパー、子どもの日に行ってきました。
今シーズンは子どものためのお祭りから劇場が開始します。
※去年の様子はこちら

毎年、そのシーズンにある新作子どもオペラが
お祭りのテーマになっていています。
今回はミクロポリス。昆虫が主人公の新制作オペラです。

ということで、昆虫の羽根のマントと
触覚のカチューシャを付けた子ども達があちこちに。
(劇場で無料で付けてもらえます。蝶々やテントウムシなど)
こちらの女の子の頭にも触覚がついてますね。
f0200015_742158.jpg


メイク部門、衣装部門など
色々なセクションがあるのですが
一番人気はやはり舞台の上。
色々な舞台セットで遊べるようになっています。
f0200015_7415435.jpg


こちらではリフトに乗ることができます。
大道具のおじさんもこの日はお休み返上で頑張ってます。
f0200015_743461.jpg

あちこちに動物が置いてあって
その上にまたがる生き生きとした子ども達。
f0200015_7435795.jpg

日本では安全上禁止されそう。
びっくりするほど自由。放置状態です。
f0200015_7423991.jpg


こちらの白馬も大人気。
f0200015_7422246.jpg

しっかり行列ができてました。
f0200015_7433713.jpg


例年同様に紙吹雪が舞っていて
舞台上も客席も紙吹雪だらけ。
そして紙吹雪を体にたくさん付けた子ども達が
動き回るので劇場中のあちこちに紙吹雪が広がっています。
f0200015_74471.jpg

f0200015_7423128.jpg

普段は通れない舞台と客席を繋ぐ通路にも紙吹雪が。
f0200015_7424897.jpg

掃除が大変。。

でも水を得た魚の様に、はしゃいで楽しんでいる子ども達を見ると
こちらも楽しく嬉しい気持ちになります。
劇場の人も自然と笑顔になっています。

こちらは小道具スペース。
舞台で使う武器や小物などを実際に見て触ることができます。
f0200015_74374.jpg

f0200015_7425780.jpg

みんなメイク部でしっかりメイクしてもらっていますね。
f0200015_7432333.jpg


劇場の天井には子ども達が手を離してしまった
たくさんの風船たち。
f0200015_80525.jpg


この日は世界的にも子どもの日だったようで
ポツダマープラッツでも子どものためのイベントをやっていました。

そちらもゲームあり、遊具あり、メイクあり、屋台ありと大がかりで
劇場でしてもらったフルメイクの子ども達も見かけました。
1日中雨だったのが本当に残念ですが
子ども達にとってかけがえのない素晴らしい1日に
なったに違いありません。
[PR]
by milchschokolade | 2011-09-20 08:32 | 劇場

アルバイト。

f0200015_231755.jpg

先週は3日間、びっちり照明合わせのアルバイトをしました。

照明合わせのアルバイトとは
舞台の照明をデザインする際に
役者の代わりに舞台に立っている仕事。

演技はせず立ち位置にいるだけなのですが
指示に従って動かなくてはなりません。

今回は、イスに座ったりドアから出てきたり
真ん中で客席を前に立ったり客席を背にして立ったり
寝ころんだり机の上に立ったり
机の下をくぐったりと結構大変。

舞台の展開を分かっていないので
どんな指示がくるかいつもドキドキします。
しかも待ち時間も長い(自分の出番まで)。
そして今回は舞台袖が寒かった〜。
出番までジャケットを羽織りスカーフをぐるぐるに
巻いていました。

3人でやっていたのですが
舞台袖には舞台セットの木もあって
その横に3人並んで座っていたら
寒い夜に(照明合わせの時の舞台袖は青暗いので)
バスの停留所でバスを
ずっと待っている3人組みたいでした。

今週もあと2回あり。
頑張ります。
[PR]
by milchschokolade | 2011-09-20 03:25 | 劇場
f0200015_2123639.jpg

ご無沙汰しています。
6月に入ってからまた研修が忙しくなってきました。

通常、再演作品(レパートリー演目)をやる場合、
間が空いても2、3年ぐらいなのですが
今関わっているのは、十年以上前の再演作品。

ソリストはもちろん殆ど別キャスト。
そして合唱団もメンバーの入れ替わりがあったり
ずっといる人も十年前とは大分体格も変わっていたりと
殆どの部分で衣装の手直しが必要になっています。

再度製作する衣装もありますが
ほとんど既製のものを利用しています。

したがってオリジナルの衣装に近いものを探すのが
至難の業。宝探しの様です。
形、柄、色合い、そしてサイズ!
これが簡単に揃うことはなかなかありません。

しかも演出コンセプトは80年代の東ドイツ。
またもやセカンドハンド店を中心にお店を巡る毎日でした。

特に、今の時期に
秋や冬シーズンの色合い(例えばボルドー色など)の服や
毛糸素材の服を見つけるのは一苦労です。。

そして6月に入りベルリンは30℃を越える日々が続き
(昨日ぐらいからまた急に20℃ぐらいになりましたが。。)
街を駆けめぐるのにも、さらに体力を消耗します。

でも無事何とかミッションを達成できたので
ほっとしています。

さて我が家は
またもや忙しいときのお助けメニュー、オーブン料理。
バーベキューの時に余り冷凍していた手羽の赤ワインマリネ。
赤ワインにお醤油やソース、ケチャップ、マスタードなどを加えています。

じっくりつけ込んであるので味がしみていて美味しい。
そしてオーブンで焼くと温度と時間を守るだけで
毎回美味しくジューシーに仕上がるので安心!
我が家のお気に入りメニューです。

その他は冷蔵庫にある野菜にオリーブオイルと塩胡椒を振りかけて
オーブンで焼いたもの。

トマトにはニンニクも加えて、
焼き上がったら生バジルとパルメザンチーズを振りかけました。

どれも野菜の甘みが出て美味しい。

最近ドイツで問題になっている食中毒、大腸菌O104(エーヘック/EHEC)。
まだ原因は依然として不明のまま。
情報も二転三転してどれを信じていいのか分からなく不安です。

政府からは生野菜をできるだけ
控えるようにというお達し。

できるだけ火を通したものを食べるようにしていますが
なかなか難しいです。

問題がない農家が大打撃を受けているとのこと。
とにかく早く解決してみんなが安心して食べられるようになりますように。
[PR]
by milchschokolade | 2011-06-09 23:54 | カフェ

初日プレゼント。

f0200015_6475012.jpg

衣装研修で関わっていた新制作のオペラプロダクションの初日が
ついに終わりました。

5月に入ってからというもの
毎日朝から夜までずっと劇場。
くたくたになって帰って寝るだけの生活でした。
衣装部、結構体力使います。

稽古でつかう衣装を稽古前に準備。
作業場から稽古場もしくは楽屋へ衣装カートをゴロゴロ。

稽古後には再度稽古場から作業場へ。
稽古中にも必要なものが出たら
稽古場と作業場を行ったり来たりする毎日。
(しかもそれぞれ劇場の端と端にあるのでかなり遠いのです。。。)
ソリスト、合唱団、エキストラをあわせると
相当の数の衣装になります。片付けも大変です。

初日が開ければあとは衣装部の手を離れ
全て楽屋管理部の仕事になりますが
それまでは稽古の衣装準備から片付けまで
衣装部の仕事になります。
それを研修生の私を入れてたった3名で。。。

今回は朝と夜の稽古だったため、
稽古がない昼間には、朝の稽古で出された指令を遂行すべく
ひたすら作業作業。

必要な材料や品を探しにベルリンの街を
ぐるぐる駆け回ることもしばしば。

決まった場所に決まった物を買いにいくのは楽なのですが
同じ様なものをベルリン中から探してくるのは至難の業。
(そして日本の様に物が豊富で、しかも便利で
お店のサービスが行き届いている訳ではない。。)

久々のハードな毎日に日本で仕事をしていた時を思い出しました。

ブログを見に来てくださっていた方、
ずっとご無沙汰してしまってごめんなさい。

さてさて、話は変わって
劇場の新制作初日には、
お互いにプレゼントを渡すのが恒例行事です。

ソリストや合唱団、エキストラ、そしてスタッフには
衣装部みんなでプレゼントを用意しましたが
お世話になったデザイナーを含め衣装チームには
個人的に抹茶マドレーヌをプレゼントすることにしました。

レシピはこちらを参考にさせていただきました。
簡単でおすすめです。

f0200015_722922.jpg

甘さ控えめで日本人好みなのでドイツ向けにたっぷり粉砂糖を振りました。

ドイツはプレゼントには包装が命なので
リボンや手作りカードを添えてラッピング。
f0200015_751730.jpg

今回は長靴がキーワードだったので
厚紙に生地を貼って、長靴のカードを作りました。

とっても喜んでもらえて嬉しかったです。
私も趣向を凝らした色々なものをいただきました♪

まだまだ研修は続きますが
やっと普通の生活に戻ってきたので
ブログ再開します〜。
[PR]
by milchschokolade | 2011-05-20 07:31 | 劇場
f0200015_6181314.jpg

9日にコーミッシェオーパー(Komische Oper Berlin)で開催された
チャリティーコンサートに行ってきました。
劇場に着くと客席には既に人がたくさん。

曲目はモーツァルトの「レクイエム」。
チケットは一律20ユーロ。
売り上げは全て、独日協会(Deutsch-Japanische Gesellschaft Berlin)を通じて
被災地に届けられるとのこと。

ソリスト、合唱団、オーケストラ、そして観客。
皆の思いは一つ。
皆の思いが重なって、胸を打つ
素晴らしいコンサートでした。
[PR]
by milchschokolade | 2011-04-15 06:32 | 劇場
f0200015_1842266.jpg

コーミッシェ・オーパーでベルリン州立(国立)バレエ団の今シーズン新制作、
オズの魔法使い(OZ-The Wonderful Wizard )を観ました。
ベルリン州立バレエ団(Staatsballett Berlin)のサイトはこちら
※バレエ団のサイトでは舞台の写真も見れます。

劇場は満員。オズの魔法使いということで
子ども達もたくさん観に来ていました。
f0200015_18344178.jpg

今回は舞台セットの他に、映像チームが入り
オズの魔法使いのストーリー展開をサポートしていました。
この映像チームはオペラ界ではかなり有名で
数々の大きなオペラプロダクションで活躍しています。

それぞれの役のキャラクターが演技(?)ダンスにも出ていて
面白かったです。
f0200015_17444445.jpg

私が観た回は芸術監督のマラーホフ( Vladimir Malakhov )氏がオズの魔法使い。
ドロシーにポリーナ・セミオノワ(Polina Semionova )。
私の好きなナディア・サイダコワ(Nadja Saidakova)が良い魔女のグリンダでした。

今回はオケ付きではなく録音。
オーケストラピットはこのような状態。
f0200015_17462641.jpg

カーテンコールの時にダンサーが風船の中に突入するので
f0200015_1753857.jpg

劇場内に風船が飛び、観客の上にまで流れて行きます(一番始めの写真の通り)。

子ども達は喜んで風船をお持ち帰り。
f0200015_17541934.jpg


ベルリン州立バレエ団でもチャリティー活動が行われており、
日本人の団員が中心となって公演後に募金活動をされています。

コーミッシェ・オーパーでも4月9日16時から
チャリティーコンサートが開催されます。
詳細はこちら
曲目はモーツァルトのレクイエムです。
(Programm ... Wolfgang Amadeus Mozart ... Requiem, KV 626)

今日、29日はベルリンフィルハーモニーで
ベルリンフィルとシュターツカペレ共同のチャリティーコンサートがあります。
詳細はこちら
こちらのコンサートはライブビューイング(有料)でも見ることが出来ます(こちら)。
[PR]
by milchschokolade | 2011-03-29 18:42 | 劇場