ベルリンでの毎日で体験したこと、気づいたこと、感じたこと。生活のきろく。


by milchschokolade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Volksbühne

f0200015_464739.jpg

フランス人作家ジャン・ジュネの「女中たち(Die Zofen)」をVolksbühneで観てきました。東ベルリンにあった劇場。エキセントリックな芝居を多く提供しています。
「トスカ」を演劇風で上演したり(普通の演劇役者がアリアを歌ったりしていました)、終始音楽に合わせて役者たち同じ動きをしている芝居など、行く度に新しい刺激を与えてくれます。
今回の「女中たち」も二人の女中のエネルギーがすごかった。最初から最後までパワー全開でした。

劇場、劇場周りは今も東の雰囲気を感じます。劇場前からの景色には東ベルリンのシンボルだったテレビ塔もしっかりと見えます。

f0200015_411983.jpg
[PR]
# by milchschokolade | 2009-03-03 04:03 | 劇場

ワッフル

f0200015_2132457.jpg

折角天気もいいということで
ベルリンでも有名なワッフルとアイスのカフェ
kauf dich glücklichに行ってきた。
f0200015_3591415.jpg
注文したのは
アップルケーキアイスをのせたワッフルと
くるみとカスタードのワッフル。
アイスはお店の好きなアイスを選ぶことができます。
f0200015_41255.jpg

魅力的なトッピングがたくさんあってかなり迷いました。
ワッフルの粉の種類まで選べます。

お店はびっくりするくらいの混雑で
どこも相席状態。
まだまだ寒いベルリンでもあるのに
外のテーブルでもがんばって食べている人たちもいました。

でもがんばりたくなるおいしさ。
さっくりもちもちのワッフルと
絶妙なトッピングのコンビ。
ああ。また食べたいい。

kauf dich glücklich
http://www.kaufdichgluecklich.de/

f0200015_4121684.jpg
f0200015_4123688.jpg

あっという間に暗くなるベルリン。
帰り道に懸命に道にお絵描きをしている
男の子を発見。
自分も小さいころたくさんお絵描きしたのを
思い出した。
あまりの真剣さに道行く人も
立ち止まってた。
ほのぼのする景色。

でもここは結構人通りが多い道。
歩道とはいえ
そこでお絵描きしてしまうなんて。
やっぱりベルリンって自由です。
[PR]
# by milchschokolade | 2009-03-02 06:48 | カフェ