ベルリンでの毎日で体験したこと、気づいたこと、感じたこと。生活のきろく。


by milchschokolade
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

f0200015_20593379.jpg

ベルリンの名物といえば、カリーブルスト(カレーソーセージ)。
ドイツ全土に渡って定番のファーストフードですが
ここベルリンが発祥の地。

焼いたソーセージの上にカレー風味のケチャップソース
(もしくはケチャップの上にカレー粉)という簡単な代物なのですが
ソーセージに力を入れていたり、自家製ソースだったりと
お店も様々。ベルリンにはカリーブルストの博物館まであります。

さて、ベルリン名物カリーブルストにも
ビオのインビス(軽食スタンド)があります。

場所はWittenberg Platzの駅を上がってすぐ。
高級デパートKaDeWeの向かい側にあります。

ここのビオインビス。
お店の反対側には(通りを挟んで)
同じくカリーブルストのインビスあるのと
お値段も通常のカリーブルストの倍ぐらいのお値段なので
30代ぐらいのビオに関心のあるビジネスマン・ウーマンがターゲットと思いきや
若者も友達と一緒に買いに来ていたり、
おばあちゃまが買いに来ていたりと
客層は意外に広くてびっくり。しかもいつもにぎわっています。

ソーセージは腸(皮)付きとなしを選べます。
フライドポテトをプラスして6ユーロ。
f0200015_2173791.jpg

たしかに丁寧なお味。
特にポンメス(フライドポテト)が
密度が濃くてジャガイモの味がしっかりして美味しかったです。

フライドポテトは、オーダーごとに揚げてくれるので
いつも熱々でほくほく。
f0200015_21102763.jpg


ソーセージやフライドポテトだけでなく
ケチャップやマヨネーズ、そしてパンもビオ製品。

取り扱っているコーヒーやジュースなどの飲み物も
ビオ製品が中心。食品添加物が入っているものには
きちんとメニューに表記されています。
f0200015_2111875.jpg

1.着色料入り
2.カフェイン入り
3.甘味料入り
4. L-フェニルアラニン化合物入り

コーラライトとゼロには全ての数字が表記されていました。。。
f0200015_21131850.jpg

[PR]
by milchschokolade | 2011-01-19 22:07 | 買い物・お店
f0200015_5154161.jpg

チョコとケーキでお馴染みのお店、Leysieffer
パンナコッタを買ってきました。

イチゴのソースがかかったパンナコッタ。
たっぷりの容量で2,30ユーロ。
f0200015_516345.jpg

スプーンですくうと、こんな感じにイチゴのソースの粒々が見えます。
凝縮された生のイチゴソース。贅沢です。
f0200015_5175533.jpg

パンナコッタもバニラビーンズがたっぷり入っていて濃厚な味わい。
f0200015_5191910.jpg

1口食べると、すぐに2口目もぱくっ。
たっぷりのイチゴソースに絡めて食べると幸せ〜。
f0200015_5205941.jpg

お店(カフェ)でも注文できます。
[PR]
by milchschokolade | 2011-01-17 05:37 | お気に入り
f0200015_44501.jpg

お友達から頂いていたイタリアのお土産、乾燥キノコセット。
こちらを使ってクリームスパゲッティーを作りました。

2人分に丁度いい、使い切りパック。
パッケージにもキノコの絵があってかわいい。
f0200015_4464648.jpg


キノコの王様、ポルチーニ茸と
マッシュルーム、
ヒラタケ、そしてなんとシイタケの乾燥きのこセット。
これはいいお出汁がでて美味しくなるに違いない。
f0200015_447232.jpg


パッケージの裏には50〜60分水で戻すと書いてあったけど
そんな時間はないので、きのこを200ccのお湯で戻しました。

フライパンを熱して
オリーブオイルにバターをちょっと加えてニンニクを炒める。
そこにスライスしたタマネギを投入。

生のマッシュルームが冷蔵庫にあったのでそれもスライスして入れ
軽く火が通ったら、戻した乾燥きのこ(軽く水気を絞る。戻したお出汁は残しておく)を
入れて炒める。

白ワインを入れ、水分を飛ばし
きのこを戻した時に出たお出汁を(念のためこし器でこす)投入し、
水分が半分ぐらいになったら生クリームを入れ
パルメザンチーズを入れ、ゆでたパスタを加え
塩こしょうで味を調えたら、出来上がり。

簡単でシンプルだけど、さすが4つのキノコのお出汁。
風味も豊かで美味でした。
乾燥した食材って味が凝縮されていて、お料理に使うと
ぐっと深い味わいになります。

Mちゃんありがとう!
[PR]
by milchschokolade | 2011-01-17 05:11 | 生活

お餅つき。

f0200015_3315322.jpg

お餅が大好きな夫。
日本からのお土産お餅がすぐ無くなってしまったので
餅米を買ってきて、お餅つきをしました。

3分の1はあんこを入れてあん餅に。
実家でいつもお正月前に大量にお餅をついて
祖母、母と一緒にお餅を丸めていたいたのを
思い出します。

お餅が冷めたらひとつずつラップに包んで冷凍庫へ。
f0200015_3321995.jpg

当分はこれで楽しめそうです♪
[PR]
by milchschokolade | 2011-01-15 03:52 | 生活
f0200015_3111287.jpg

ついにベルリンにもマリメッコのお店がオープンしました。

今まではフィンランドのブランドを扱っているセレクトショップでしか
見られなかったのですが、Hackescher Markt駅の近くに直営店がオープン。

マリメッコ大好きな私としては、お店に行く、商品を見るだけでも
癒されます。
f0200015_3114667.jpg

洋服だけでなく、生地や食器、小物類の種類も豊富で
かわいいものばかり。

オープンしたのは2ヶ月前。
店員さんの中にはフィンランドからこのお店のために
ベルリンに来た人もいて
ドイツ語がちょっとだとだとしく英語で接客してました。

ただ今セール中。ものによってはさらに20%引きになるものも。
ベルリン在中のマリメッコ好きの方には朗報。
ぜひお店に訪れてみてください。
f0200015_3121631.jpg

marimekko
Alte Schönhauser Str. 42, 10119 Berlin
[PR]
by milchschokolade | 2011-01-15 03:16 | 買い物・お店
f0200015_851108.jpg

昨日近所で、まだ回収車が来ていないのか
それとも回収日に出し忘れたのか
まだこんなにたくさんのツリーが置いてありました。

日本ではクリスマスが終わるとすぐに片付けられる
クリスマスツリーですが、ドイツでは年明け6日に片付けられます。
1月6日はイエスのもとに三賢者が訪れた日。
この日をもって11月末から始まった一連のクリスマス期間が終了します。

通常、7日の朝にツリー回収車が町を回ってツリーを回収。
7日の朝はたくさんのツリーが道路に置いてあります。

暖かくなって雪はすっかり溶けたのですが、
歩道には大雪の際にたくさん蒔かれた
滑り防止のための砂利がまだ残っています。

雪や氷の上を歩くのも大変ですが、
大量の砂利の上を歩くのも結構一苦労。
でも暖かい方が断然いいです。
これくらいの気温が続いてくれるといいのですが。
[PR]
by milchschokolade | 2011-01-14 09:20
f0200015_1544162.jpg

数の子が大好きな私。残念ながらこちらでは手に入らないので
魚の卵に食感が似ている、アマランサスで松前漬けを作りました。
器はこちらで陶芸をやっている方からのプレゼントです。

<材料>
するめイカのスライスと昆布、にんじん、アマランサス。

にんじんを千切りにする
昆布を水につけてふやかし千切りにする(出汁は取っておく)。
昆布の出汁とアマランサスを煮て
アマランサスが半透明になってきたらお醤油とみりんと酒を加えます。
そこへ昆布とにんじんを入れ、一煮立ち。
最後にするめイカのスライスを入れて出来上がり。

夫にも好評でした♪

アマランサス。古代インカ帝国の主食だったそう。
たんぱく質やミネラル、食物繊維などを豊富に含んでいて
驚くほど栄養価が高いらしい。
f0200015_363498.jpg

プチプチしていて火を通すと魚の卵みたいな食感。見た目もそのもの。
f0200015_383244.jpg

サラダやスープ、白米に混ぜて炊いたり色々活用できます。
ベジタリアンの人やマクロビをしている人の中では
魚卵の代わりにつかう定番の食材。
ドイツではビオショップで購入可能です。

アマランサスをつかったたらこスパゲッティーのレシピは
検索すると色々と出てきますがナンプラーを使うとより
たらこの味に近づくのでおすすめです。
[PR]
by milchschokolade | 2011-01-12 03:32 | 生活
f0200015_23472549.jpg

寒中お見舞い申し上げます。
昨年ブログを読んでくださった皆様、
いつもありがとうございます。
健康で笑いのたくさんある素敵な年となりますように。
今年も宜しくお願いします。

年始早々に体調を崩してしまい、年末から先に体調を崩していた夫と二人
今回の年末年始はお家でゆっくりしていました。

ずっとマイナス気温だったベルリンも
ここ最近、最低気温が0度越えの暖かい気候が続いています。
雪もすっかり溶けました。

さて最近のお気に入りはビオメーカー、Alnatura
スペルト小麦チョコクリームサンドクッキー。1,95ユーロ。

※スペルト小麦は小麦の原種にあたる古代穀物。
人工的な品種改良をほとんどしていないため、皮穀が厚く硬く、
病気や害虫にも強いのが特徴。そのため無農薬・低農薬で育てられるとのことです。
そして栄養価が高いのも特徴。
水溶性なので栄養も吸収されやすいそうです。
ドイツではこのスペルト小麦(Dinkel)を使ったパンやクッキーが多く出ています。


クッキーよりはビスケットに近い食感。
ミルクチョコとビターチョコタイプの2種類があります。
こちらはビターチョコタイプ。
f0200015_23524492.jpg

素朴な味がコーヒー・お茶によく合います。

クッキーの柄もかわいい。
f0200015_23574974.jpg

結構な厚みがあるので小腹が空いた時に活躍するのと
チョコがビスケットでサンドされているので
手が汚れないところも気に入っています。
f0200015_2358740.jpg


ここ最近ドイツでは、家畜の飼料に高濃度のダイオキシンが検出され
卵や鶏肉、豚肉が回収されたり、農家が封鎖されり、
採卵鶏が処分されたりと大騒ぎになっています。

特に卵は問題視されていて、卵は安全性が確かめられるまで食べるのを諦めるか
購入するのであればビオの卵をとのこと。
スーパーに行ったら早速ビオの卵が売り切れていました。

ドイツに来てからより食材について意識するようになったと思います。
身近にビオ製品があり、手軽に試せるというのもあるけれど
一方であまりにも安い製品があり、安全性が心配になるものもあるからです。

ベルリンは比較的物価が安いというのもあるのですが。。
例えば安い大型スーパーでは
牛乳一本55セント。脂肪分が少ないものだと42セントとか。
輸送費や人件費など色々計算していったら
一体原価はいくらなのでしょうか。

安いものには理由があって、
人や環境への安全性を伴うにはそれ相応のコストがかかる。
食品だけでなく衣料品や一般の商品にもいえること。

価格競争が激しい時代。考えさせられる出来事です。
[PR]
by milchschokolade | 2011-01-12 01:34 |