ベルリンでの毎日で体験したこと、気づいたこと、感じたこと。生活のきろく。


by milchschokolade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ベトナムコーヒー。

f0200015_1213834.jpg

最近のお気に入りは、ベトナムコーヒー。
お家でゆっくりしている時に入れて飲んでます。
濃厚で苦みがなく甘みがあって美味しい。

以前から大好きだったのですが
お友達につれていってもらったベトナム市場で
ドリッパーとコーヒーの粉を発見し、迷わず購入しちゃいました。
f0200015_1224223.jpg

ドリッパーは2種類の大きさがあり、
小さい方が確か2,50ユーロ。大きい方(2人用)は3,50ユーロ。
こちらは迷った後に小さいのを2つ購入。
(お店のおじさんのお薦めは大きい方でしたが。。)

コーヒーの粉の種類もいくつかあったのですが
残念ながらそこでは違いが全く分からず
5ぐらいまでの番号があった中の
中間を買ってきました。お値段は番号と比例してます。
お値段2,50ユーロ。

帰ってきて調べてみたらベトナムコーヒー最大手のメーカー、
TRUNG NGUYEN(チュングエン)社のもので
アラビカ・セー(Arabica Se)という豆のものでした。
(Seはベトナムだけで生産されているそうです)

番号の違いは豆の種類ということが発覚。
中でも3番は口あたりも優しく苦味も軽い味わい、
コンデンスミルクとの相性は抜群とのこと。
求めてたものとぴったりでラッキー。
少しバニラの香りがつけてあるみたいです。

ドイツでコンデンスミルクというと、通常甘みがないいわゆるエバミルクを指します。
日本のコンデンスミルクと同じものはこちら。
表記もちゃんとお砂糖入りと書いてあります。
f0200015_1584325.jpg


入れ方は簡単。
ドリッパーをセットし、コーヒーの粉をちょっと蒸らしてあとはお湯を注ぐだけ。
グラスにはあらかじめコンデンスミルクを入れておきます。
※詳しくはこちらのサイトをどうぞ。
f0200015_261965.jpg


グラスの下にはコンデンスミルク。
f0200015_2101526.jpg

コンデンスミルクとベトナムコーヒーだけだと
かなり濃いお味になるので、邪道ではありますが
私たちはコンデンスミルクを少なめにしてホットミルクをこちらに追加。

まさにホット「コーヒー牛乳」のお味になります。
お試しあれ。
[PR]
by milchschokolade | 2010-09-30 02:22 | お気に入り
f0200015_1745588.jpg

昨日スーパーで珍しく赤のフェーダーヴァイサー(Federweisser)を見つけたので
買ってきました。お値段1.99ユーロなり。

Federweisserは9月〜10月にだけ出る
季節限定の発酵途中のワイン。

発酵段階とあって、ちょっと濁っていて発泡しています。そして甘い!
アルコール度数は4%〜11%ぐらい。
発酵が進むにつれてアルコール度数が変わり甘さが弱くなります。

出荷されてからも発酵が進んでいくのでお店では
コルクなどでしっかり栓をせず、かつ冷蔵で売られています。
(温度が高いと発酵が進みやすくなるので)

時にはフタに小さな穴がいくつか開けてあることも。
きちんと栓がされていないので
お家に持って帰るのにも注意が必要。
そして冷蔵庫でももちろん立てて置かなくてはなりません。
通常は白ワインのものが定番です。

赤ワインのものは、ロゼの様な薄い紫色でした。
f0200015_17503083.jpg

昨日の段階ではまだ発酵が未熟だったよう。
ほとんどジュースみたいでした。
お酒が弱い夫も美味しい!と通常より多く飲んだのに平気でした。

味はFederweisserよりブドウジュース度が高い感じ。
飲みやすく美味しかったです。


アルコール度数は高いのにジュースの様で
ついつい飲み過ぎてしまうのが危険ですが
季節限定なので沢山楽しみたいと思います。

美味しくて値段もお手頃なのがまた嬉しいところです。
[PR]
by milchschokolade | 2010-09-29 18:44

Knofiでご飯。

f0200015_1192631.jpg

随分前の話になるのですが(写真の服装で分かりますね)
お友達とBergmannstraßeにあるトルコ料理・お総菜屋さんKnofiに行きました。
ニンニクマークの看板が目印です。

お友達が頼んだのはKnofiスペシャルプレート。
f0200015_184949.jpg

Knofi特製の色々なペーストやお総菜がのっています。

私が頼んだのはこちら。
ピロシキみたいに中に挽肉が入ってるのを揚げたもの。
f0200015_1103915.jpg


Bergmannstraßeのお店では、通りの向かい側に
お店で出しているお総菜が購入できる
お総菜屋さんがあります。

お値段もお手頃価格でお味も確か。
お客さんでいつもにぎわっています。
確かスペシャルプレートが6ユーロ強ぐらいだったかと。
ベルリン内にいくつかの支店があります。
f0200015_1115589.jpg


Knofi Bergmannstraße
Bergmannstr. 98
10961 Berlin

Tel: 030 - 694 58 07
Fax 030 - 695 644 30

Mo-Sa 9:00 - 23:00 Uhr
So 11:00 - 23:00 Uhr
[PR]
by milchschokolade | 2010-09-29 01:29 | 買い物・お店
f0200015_7223214.jpg

ついに昨日エキストラとして参加している公演の初日が開けました。
無事に終わって一安心。
昨日は公演後の初日パーティーを終え
帰ってきたのは深夜。

今日は二人そろってお休みということもあって、
1日お家で図書館で借りてきていた映画をまとめて見たりと
まったりゆったりした1日を過ごしました。
夜ご飯は夫の大好物、コロッケで
1日遅れの初日お祝いを。

今回はマッシュルームのフライも追加。
ジューシーで大好きです。
揚げたてをほおばるとマッシュルームのお汁があふれます。
熱々なのでご注意。でもそれがまた美味しい。

公演の初日はいつも各自小さなプレゼントを交換してお祝いします。

今回はエキストラの人数が多いというのもあって
楽屋の入り口にはこんなにたくさんのおやつが。
f0200015_7562464.jpg

みんなそれぞれメッセージ付き。

真ん中のは大きなチョコレートケーキです。
Toi, Toi, Toi!(がんばれ〜)とメッセージ入り。

楽屋の個人の机にもプレゼントが置いてあります。
衣装さんからや、エキストラを管轄するシェフからも。
幸運のシンボル、テントウムシのモチーフ物は定番ですが、
その演目にちなんだ趣向を凝らしたプレゼントも。

公演前からわくわくする雰囲気が出来ていて、
本当に楽しく初日を迎えることができます。
f0200015_7535494.jpg

[PR]
by milchschokolade | 2010-09-28 07:57 | 生活
f0200015_744799.jpg

先週の日曜日、
コーミッシェオーパー(Komische Oper Berlin)毎年恒例の
子どものお祭りに行ってきました。
朝10時から4時ぐらいまで、この日は1日
子ども貸し切りの劇場になります。
f0200015_752815.jpg


大人が行ってもわくわくする催しものがいっぱい。
子どもにとっては本当に貴重な体験になるに違いありません。

日本でも子どもに向けての催し物はありますが、
ここまでの規模のものは今まで見たことがありません。

それだけ地域と劇場が密接しているのと
文化を支えるのは将来の子どもたちという意識の元、
子どもたちへの働きかけを
劇場がかなり力を入れていることが分かります。

劇場への垣根を低くし、身近に感じてもらおうとする行事。
素晴らしいことだと思います。
その力の入れようはKinder Festの中身を見てもらえれば一目瞭然。

どんな感じかというと。。

まずはいつもびっくりさせられるメイク部門。
f0200015_774665.jpg

後ろにかけてあるデザイン画はこの通り。
f0200015_710949.jpg

f0200015_7105159.jpg


この17種類のフルメイクの中から選んだものをメイクさんにしてもらえます。
今年のヒットはなんとテントウムシ。
真っ赤のお顔の子どもたちを沢山みました。
どうぞ下の写真右上の子をご覧ください。
f0200015_7133524.jpg


ほっぺにちょっとというのは考えられますが
キャッツ並のフルメイクというのがすごい!
f0200015_79598.jpg

メイク用品ももちろん本番で使っているものです。
f0200015_7284232.jpg


こちらは衣装部門。
f0200015_7154990.jpg

デザイン画や使う生地などの資料の展示もしてあります。
f0200015_7161485.jpg

今シーズンの新しい子どもオペラはSchnee Königin(氷の女王)。
今回はSchnee Königin(氷の女王)がお祭りの全体のテーマとなっています。

そのため衣装部にはSchnee Königin(氷の女王)の衣装(帽子など)がおいてあり、
なんと自由にかぶることが出来ます。
f0200015_7245512.jpg

f0200015_7171115.jpg

f0200015_7175195.jpg

どうやらSchnee Königinには、沢山のお花の役が出てくる様です。
f0200015_7185138.jpg

あらかわいい。
f0200015_7192096.jpg


そしてこちらではたくさんの小さな生地やレースなどをつかって
衣装のデザイン画を仕上げるブース。
f0200015_721189.jpg

キラキラ光るグリッターの糊やカラーペンもあったりして
f0200015_7223172.jpg

みんな真剣になって創作活動中。
f0200015_723893.jpg

こちらの女の子はフルメイクと腕にはタトゥーも入れてもらって(スタンプ)
存分に楽しんでいるご様子。
f0200015_7233811.jpg


途中シロクマも登場。
f0200015_7254015.jpg


劇場の荷物預け窓口から舞台上他稽古場まで
劇場全体を使い、劇場の部門ごとに催し物がされています。
風船も入り口でもらえます。ケーキを売るブースも登場。
f0200015_8174274.jpg


こちらは劇場前、大道具さんたちのブース。
f0200015_7353110.jpg

ワニやカバなどの像に自由に塗料を塗れるブース。
洋服を汚さないようにゴミ袋をみんなかぶっています(笑)。
まずは大道具さんに好きなペンキを貰って
f0200015_736074.jpg

夢中でペンキ塗り。
f0200015_737201.jpg

あら素敵なメイク。
f0200015_7365588.jpg


普段パーキングになっている中庭では
子どもたちによる演奏会。
f0200015_7381489.jpg

多分こちらもその場で色々教えてもらえて
参加させて貰えるプロジェクトだと思われます。

氷の女王がテーマなので、スノーボールを作るブースも登場。
f0200015_7292345.jpg

色を塗ったり自由に絵を描いた物を挟んでくれます。
夫が作成したのがこちら。
f0200015_7294150.jpg


そしてなんといっても今回の目玉はTeddy Klinik.
f0200015_7304455.jpg

こちらではお人形のお医者さんがお人形を治してくれます。
お医者さんの奥に並んでいるのが治療済みのお人形。
f0200015_7311583.jpg

お祭りのプログラムの目玉としてパンフレットにも載っていたので
みんなお家から持参したお気に入りのお人形を持って順番待ち。

お医者さん(職人さん)もきちんとお医者さんの白衣を着用。
先生、ちゃんとお人形の体重を量ってます(下の写真のくまさん)。
f0200015_7325719.jpg

こちらはお母さんが先生に相談中。
f0200015_7315138.jpg

大きな手術が必要な重傷の患者は、お医者さんの大病院のカード
(職人さんのワークショップ先が書いたアドレス)を渡され
後日来院するように言われます。
でもほとんどがその日のみんなが遊んでいる内に治してくれるみたい。
みんな真剣に先生のお話に耳を傾け治療を見学してました。
f0200015_7335914.jpg


その他、缶バッチを作ったり、普段稽古を行う大きな稽古場では
子ども合唱の稽古に一緒に参加できたり。
もちろん舞台上でも催しものあり。

こちらはコンサートや舞台などのプログラム。
下にあるお花たちは多分氷の女王に出てくる衣装(帽子)。
f0200015_7541241.jpg


何回か上演されている舞台を見る以外は全て無料。
これはどれも体験しなくては!と思うはず。

またバギーのパーキング場があるのがこちらのお祭りの特徴。
f0200015_7391426.jpg

写真を撮るのを忘れてしまったのですが
ちゃんとバギーの絵がついた「P」マークの看板が掛かっています。

本当に1日いても飽きない贅沢なプログラム。
いつか自分の子どもと一緒に来たいです。
[PR]
by milchschokolade | 2010-09-23 08:11 | 劇場

かぼちゃプリン。

f0200015_6444745.jpg

今日は1日お休み。
天気も良くて暖かくて気持ちが良かった♪
お休みが心地良い日だと嬉しい。

しっかりお掃除して、お買い物に行って食材を買って
大好きな餃子を作りました。
バルコニーの紫蘇がよい感じに育ってきたので収穫し
紫蘇入り餃子に。多めに作って冷凍。

夫も今日は早めの帰宅だったため、
二人で熱々の焼きたて餃子を食べられて嬉しい。

こちらでもかぼちゃがお店に並ぶ様になってきました。
色んな種類の形も様々なかぼちゃが並んでます。
私がよく買うのはHokkaidoというドイツ定番のかぼちゃ。
どうやら日本から種を輸入されて作られた品種らしい。

先日お料理につかったかぼちゃが半分残っていたので
かぼちゃプリンを作りました。
レシピはこちらこちらを参考にさせてもらいました。
生クリームを飾ってシナモンパウダーを一振り。
シナモンがいいアクセントになって美味しい。

ちなみにこのココット型も先日蚤の市で購入したもの。
二つで1ユーロ。ちょっと大きめでスープを入れるのにも使えて
気に入っています。
[PR]
by milchschokolade | 2010-09-23 06:56 | 生活
f0200015_235783.jpg

久々に二人そろって2連休。
天気も良いし、食料買い出しも含めて散歩に出かけました。

途中に立ち寄ったのはDouble Eyeというコーヒー店。
キヨスクほどの大きさの小さな店内はいつも人がたくさん。
バリスタ世界選手権でチャンピオンに輝いたオーナーがいて味は抜群らしい。
お店にはきちんとトロフィーが飾ってあります。

中村真人さんのブログ「ベルリン中央駅」の記事を拝見し、
お店の前を通る度に行きたいな〜と思っていたものの
なかなかチャンスがなくやっと行くことが出来ました。

頼んだのは、カプチーノと
f0200015_07139.jpg

ラテ・マキアート。
f0200015_074119.jpg

どちらも飲むのがもったいないくらい、素敵な模様。

お値段は、真人さんの記事時より若干UPしていましたが
それでもそれぞれ2,20ユーロぐらいで割安でした。
美味しいコーヒーが手軽なお値段で飲めるのなら、それは行列にもなるはず。

コーヒーを飲んだ後は、そのまま土曜市場へ。
途中、とても鳩胸のわんちゃんに遭遇。
筋肉なのかそれとも脂肪なのか解明できず。
f0200015_0283775.jpg


市場でいちじくが10個で3ユーロだったので購入。
f0200015_014213.jpg

折角の休日。
普段ほとんどお酒を飲まない我が家では珍しく
ゆっくりワインを飲みながら夕食を楽しもうということになり
お気に入りのビオパン屋さんで夕食用パン(ドライトマトのバゲット)を購入。
4時前の閉店間際だったこともあり10%オフに♪
f0200015_015761.jpg


どんな夕食になったかというと。。
生ハムとルッコラとイチジクのレモンドレッシングサラダ。
f0200015_027324.jpg


お友だちのスペインお土産、イベリコ豚のサラミ。
カマンベールチーズとバジルペースト。
f0200015_024547.jpg


野菜のガーリックオリーブオイル炒め。
器は最近蚤の市で購入したもの。3ユーロなり。
オーブンにもそのまま入れられて便利です。
f0200015_0245693.jpg


こちらのシャンパングラス(白ワインを入れてしまってますが。。)も
蚤の市で6客1ユーロにて購入。
f0200015_0262490.jpg


久々にまったりゆっくりした休日になりました。幸せ〜。
f0200015_0175410.jpg

[PR]
by milchschokolade | 2010-09-19 23:40 | カフェ

体力勝負。

f0200015_1832629.jpg

ベルリン今日は朝から激しい雨が降っています。
気温は13度。寒いです。

最近バタバタしているというのは
実はエキストラとして舞台に出演することになったから。

毎日稽古をしています。
エキストラ出演は二回目なのですが、
今回は前回と比べて作品が長いだけでなく
舞台上にずっといるため、稽古時間が長い!
毎日くたくたになりながら稽古してます。
学生のころを思い出します。
夜遅くまでみんなで頑張る。部活のような状況。

他のエキストラをしている人たちも今回はほとんど学生。
拘束時間が長く毎日稽古なので、普通にお仕事がある人は難しいです。

写真はTierparkというベルリンの東にある動物園にいるヤマアラシくん。
毎日こんな風に夜は熟睡。朝起きるのが辛い日々が続いてます。
[PR]
by milchschokolade | 2010-09-14 18:51 | 生活
f0200015_20161351.jpg

すっかり秋のベルリンではちょっと季節はずれですが
まだまだ暑い日本のみなさまにとっては問題ないでしょうか。

YoliはベルリンのMitteにあるフローズンヨーグルト屋さん。
キヨスクほどの小さなお店ですが
お店の中はいつもにぎわっています。

まずはフローズンヨーグルトの種類をClassicまたはVery Vanillaから選び
次に容量(300ml、400ml、 500ml)を選びます。
(上写真はClassicの一番小さいものです。それでも十分堪能できます。)
f0200015_20181470.jpg

そしてその後、好きなトッピングを選びます。
もちろんそのままでも美味しいですが
たくさんの種類のトッピングに目を奪われると
きっと乗せたくなるはずです。
f0200015_20283197.jpg

フレッシュフルーツやピューレ、
チョコやナッツやマシュマロなどなど
見ているだけでわくわくします。
私はイチゴのピューレを選びました。
このピューレもフレッシュで美味しかった♪
f0200015_20251535.jpg


ちなみに1トッピング30セント。
小さいカップのフローズンヨーグルトは確か2,80ユーロだったかと。
みなさま2、3個必ず乗せていきます。
大人気はなぜかチョコ。やっぱりみんなチョコ大好きです。

ヨーグルトとチョコの組み合わせ、私はあまりイメージ付かないのですが・・
でも確かにチョコレートの中にヨーグルトソースやヨーグルトクリームが
入っているものありますね。

こちらのお店、フローズンヨーグルトをつかったスムージーのメニューもあります。

お店はベルリンに2店舗あるみたいです。
私が行ったのはこちら。
f0200015_20304442.jpg

Yoli Frozen Yogurt
Münzstrasse 11c 10178 Berlin
月 〜土 12:00-21:00
日   12:00-18:00
[PR]
by milchschokolade | 2010-09-10 20:43 | 買い物・お店

みなさま、クヴェトリンブルグへの旅ブログ、
第一弾で中断になってしまいごめんなさい。
体調を崩したり夏休みラストスパートで旅行に行ったりと
バタバタしてしまい9月に突入したものの、
今度は別件にて引き続きバタバタしています。

今日は久々に時間があってゆっくりできて幸せ〜。
8月後半のことも含めて、徐々にブログ更新していきますので
引き続きよろしくお願いします。

ベルリンはただ今16度。
朝は10度を下回る気温。
すっかり秋(冬!?)になっています。
コートとマフラーも登場し活躍中です。
そんな中ですがゼリーが食べたくなって作りました。

そんな時にはこちらのゼリープリン用タッパーが便利です。
f0200015_18303052.jpg

底にもふたが付いていて
簡単に容器に移すことができます。
f0200015_18351394.jpg

容器にふたが付いているので冷蔵庫で重ねて冷やすことができるのもポイントです。

形もかわいい。
f0200015_18372035.jpg


今回の材料はオレンジジュースと寒天と砂糖とみかんの缶詰+みかん果汁。
みかん果汁が入るとみかんの缶詰とよく合ってより美味しい。
f0200015_18381936.jpg

寒天を少なめにして口溶け柔らかにするのが好きです。

お家で作るゼリーはどっさりフルーツを入れられるので
簡単だけどちょっと贅沢な感じ。
f0200015_18414994.jpg

[PR]
by milchschokolade | 2010-09-10 18:56 | 生活