ベルリンでの毎日で体験したこと、気づいたこと、感じたこと。生活のきろく。


by milchschokolade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:イベント( 22 )

f0200015_20305027.jpg

前回に引き続きOstbahnhofの蚤の市にあった気になるもの。

赤いポット。大きさが小さめでころんとしていてかわいい。
f0200015_20324723.jpg


お裁縫道具入れ。
f0200015_20022100.jpg


シンプルなデザインの椅子やタンス。
f0200015_20293052.jpg

f0200015_20301954.jpg


食器セット。
f0200015_20312384.jpg


ペーパーコースター。色合いやデザインがかわいい。
f0200015_20341940.jpg


缶。
f0200015_2001523.jpg


変わった形のドアノッカー。
f0200015_2015112.jpg


指人形、ぬいぐるみ。右下は東ドイツのアニメキャラクター、ザンドマン。
f0200015_20315257.jpg


熊の栓抜き。お酒を持ってるデザインがなかなかキュート。
f0200015_2037160.jpg


文房具が大好きな夫の蚤の市での目的は
素敵な文具グッズ(特に万年筆)を見つけること。
午後予定が入っていてあまり時間がなかったので一人駆け足で見てました。
とにかく万年筆、万年筆。

そんな夫の目がキランっと光ったのは
こちらのボトル。ペリカンの古いインクボトルです。
まだ中身が入ってます(使えないだろうけれど)。
1/2 Lとボトルも大きくて1940年〜50年代ものらしいです。8ユーロ。
f0200015_2004176.jpg

f0200015_2004986.jpg


西ドイツのNIVEA、
f0200015_20363370.jpg

東ドイツのFLORENA。
f0200015_2005869.jpg


演劇など舞台セットや小道具さんにとっては
蚤の市は宝の山かも。
お店のディスプレイにつかえそうなものもたくさん。
f0200015_2011254.jpg


昔のレジ。
f0200015_2015790.jpg


ワイン樽。
f0200015_2018100.jpg


薬の瓶。
f0200015_2014658.jpg


昔の積み木。
f0200015_20334921.jpg


でも買う人はいるのだろうかと思うものもたくさん。

はかりの重り。
f0200015_20352214.jpg


湯たんぽ。
f0200015_20355384.jpg


お気に入りを探すのが大変そうな洋服の山。
f0200015_2011644.jpg



途中小腹が空いたのでこちらの屋台で
ジャガイモとマッシュルームをいただく。
f0200015_2021080.jpg

大きなオーブンの中には、大きなじゃがいもが
ぎっしり。
f0200015_202566.jpg


その上にハーブ入りクワーク(ヨーグルトに近いフレッシュチーズ)をたっぷりのせて。
じゃがいものが甘くてホクホクで美味でした。
f0200015_202146.jpg

マッシュルーム付きで4ユーロ。

大きな蚤の市の場合は、こういった屋台もたくさんでていて
それを食べるのも楽しみの一つです。


ブログランキングに参加しています。
いつも読んでくださってありがとうございます。
ぽちっと応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
[PR]
by milchschokolade | 2013-05-06 21:12 | イベント

Ostbahnhofの大蚤の市。

f0200015_4295648.jpg

5月1日メーデーの日はドイツは祝日。
毎年その日はOstbahnhofで大蚤の市があります。

年に2回ほどのこの大蚤の市。
毎週末にもOstbahnhofでは蚤の市が出ていますが
それとは比べ物にならない大きな規模です。

お天気にも恵まれて
お客さんもたくさん。
f0200015_435723.jpg


とにかく皆さん真剣。古本を探す人。
f0200015_4345876.jpg

レースを探すおばさまたち。
f0200015_435169.jpg

みんな探すのが上手で、気に入ったものを見つけては
お店の人と交渉して上手に買い物していきます。
f0200015_4593953.jpg

みんな古いものが大好きなんだなあといつも感じます。


さて、今回も気になったもの面白いものをご紹介します。

まずは年代物の旅行ガイドブック。
1931年のザルツブルグ、ミュンヘン、ベルリンなどなど。
当時はどんなところが観光名所になっていたのでしょうか。
f0200015_4304075.jpg

もしかしたら当時の写真も載っていたかもしれない、、
開いて見てみればよかったなとちょっと後悔。

かわいらしい色合いの木のおもちゃ。
f0200015_4362556.jpg


カトラリー関係のお店は本当にたくさん出ています。
f0200015_4372212.jpg


シンプルなのもいいけれど、こちらの変わったデザインもおしゃれ。
f0200015_4371331.jpg


草の模様が素敵なティーカップとケーキ皿セット。
f0200015_4393172.jpg


おはよう、ぐっすりおやすみなどのメッセージ刺繍入り枕。
f0200015_4402019.jpg


カラフルな琺瑯やかん。
f0200015_441648.jpg


昔のアイロン。
f0200015_4413364.jpg

結構装飾が豊かでかわいい。蓋を開けて炭を入れて使ったそう。
f0200015_4413881.jpg


キッチュな色の保存容器。
f0200015_4431042.jpg


こちらが今回買うか迷ったティーポットセット。
状態もとてもよく、綺麗で帰るまでずっと迷ってました。
全部で25ユーロ。お店のお兄さんも感じがいい人で
少し値切ったら安くしてくれたかもしれないけれど
ここはぐっと我慢。
f0200015_4435296.jpg


香辛料入れ。妖精が踊っているデザインがかわいい。
オイル注しやピッチャーも同じデザインで素敵。
f0200015_4521145.jpg


こちらも可愛い香辛料入れ。
中や裏側を確認すると、状態はとても綺麗。
柄も形もシンプル。
f0200015_4553416.jpg


長くなったのでパート2に続きます。

ブログランキングに参加しています。
いつも読んでくださってありがとうございます。
ぽちっと応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
[PR]
by milchschokolade | 2013-05-05 05:08 | イベント
f0200015_1492740.jpg

昨日ベルリンハーフマラソンに参加し
無事完走しました!
こちらが完走後にもらうメダル。

準備不足とコンディションが最悪だったので
まさか完走できるとは思っておらず
とても嬉しいです。心地よい達成感でいっぱいです。

ですが、、、終わって徐々に時間が経つにつれ
ひどい筋肉痛が。

ハーフマラソンの間、苦しくはなかったのですが
途中から足が重く痛くなってきました。
やはり足の筋肉をしっかりつけておかなくてはいけませんね。

今日は朝ベッドから出るのも一苦労。
太ももに激痛がはしり、歩くのもやっと。
オズの魔法使いのブリキの木こりの様にかくかくしながら
歩いています。

さて当日の様子はというと
祈りが届いたのか天気は快晴!
天気に恵まれて本当によかったです。

というのも前日は異常気象。
大粒のヒョウが降ったと思ったら晴れたり
雪がまた降ったりと変な天気。
f0200015_0185674.jpg

先が見えなくなるぐらいのヒョウの嵐。
我が家のベランダから撮った写真です。
f0200015_0193100.jpg

本当に大会が土曜日でなくてよかったです。

当日は天気はよかったものの、気温は低く朝は0度。
風もありレース中も日陰に入ると涼しかったです。

マラソン大会の時には遅くともスタートの3時間前までに
朝ご飯を食べ終わっていた方がいいということで
我が家も早起きし、粘れるようにと納豆ご飯とハムエッグとお汁などを食べて
スタートの1時間前に現地に到着。

1時間前はまだ人はまばらで、
先に走るインラインスケーターの方々ばかり。
f0200015_0195754.jpg


こちらは荷物を預けるトラック。
f0200015_0202516.jpg

自分のゼッケン番号を含むトラックに荷物を預けます。
※荷物には事前にもらったゼッケン番号のシールを付けます。
f0200015_0201775.jpg


まずはインラインスケートのレースからスタート。
全身タイツの人ばかりでみんな気合ばっちり。
f0200015_020921.jpg

私たちがスタートする頃には既にインラインスケーターが
ゴールに戻って来ていました。早い〜。

こちらは簡易トイレ。空いているうちにと
早めに行っていてよかったです。
30分前ぐらいから長い列が出来ていました。
f0200015_0194932.jpg


こちらがコースのスタート時点。
30分前なのでがらがらでした。
f0200015_0194038.jpg


さてこちらがレース中のお写真(© dpa)。
こちらからお借りしています。
f0200015_0202866.jpg


レース中はたくさんの人と一緒に走り
たくさんの人から応援してもらったので
本当に気持ちよく走れました。楽しかったです。
1人だったら21キロは走り切れなかったと思います。

応援の仕方も様々。
声をあげたり笛を吹いたり
プラカードを掲げたりと様々。
プラカードのメッセージは
「まだまだ疲れているように見えないよ!」とか
「あなたならできる!!」とか「がんばれ!」とか
「ゴーゴー!」みたいなものとか
読んでいて面白かったです。

ゼッケンに名前が印刷されているので
名前を呼んで応援してくれる人もたくさんいました。
大人も子どももたくさん。
給水所のおばさんも。「○○、お水よ!!」っという感じに。

給水所にはお水と甘くてぬるいお茶の2種類があって
実は私はお茶が飲みたかったのですが
おばちゃんから名前を呼んで手招きしてもらったので
素直にお水をもらいました。

音楽を演奏して応援してくれる人もたくさんいました。
サンバやジャズやインディオの音楽や
ロック(みたいなもの?歌付き)や和太鼓まで。
かなり勇気づけられます。

私と同じペースで走っていたおばちゃんからも
「始めは混んでいるけれど
徐々に人が少なくなっていくのよね〜(私たちはゆっくりペースなので)
がんばりましょうね〜」とちょっと話かけられたり
完走した後は私を見つけてくれて、「お互いがんばったね!!やったね!」と
喜び合いました。

完走後はメダルの他にみんなにバナナとお水・お茶と
アルコールフリービール(またしても。さすがドイツ)が
配られます(自由に取ってよし)。
そして寒さ予防の大きなビニールマントも。
昨日は走っている人はいいけれど応援している人は
体が芯まで冷えきる寒さでした。

その他、マッサージのサービスもあります。
痛いところを言うとそこをマッサージしてくれます。
f0200015_0192369.jpg


寒さもあってか撤収が早かったです。
あっという間に人がいなくなりました
f0200015_0193215.jpg


残ったのは大量のゴミ。
レースの給水所もたくさんのプラスチックコップが散在していましたが
ゴールもビニールマントですごい状態。これは片付けが大変。
f0200015_183830.jpg


早速ゴミ収集車が来てお片付け開始。
f0200015_0191573.jpg


今も筋肉痛で大変だけど
初めて参加してみて、色々なふれあいがあって
人の温かさを感じて
普段は走ることができないベルリンの大通りを走ることができて
そして完走できて、大感激です。

ゼッケンを受け取る事前イベント会場でも募集していましたが
このハーフマラソンはたくさんのボランティアの人々で成り立っているとのこと。
本当にありがたい〜。

そうそう、夫の例のはではでランニングシューズ
昨日もかなり注目を集めていました(笑)。
大会に向かう電車の中でも帰り道でも
大会現地でも「派手だね〜」「みてみて」「すごいねー」と言われていました。
「君のシューズ、いいね!」とこのシューズがきっかけで
フランスの人と会話が始まったりもしました。

あのはではで寛平さんモデルシューズ。
確かにすごいインパクト。
私も初めて見た時はびっくりしました。
国際交流にも役立ってます(笑)。


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
[PR]
by milchschokolade | 2012-04-03 01:57 | イベント
f0200015_2240990.jpg

昨日、4月1日に開催されるベルリンハーフマラソンのゼッケンを取りに
テンペルホフ空港公園に行ってきました。

私、今回ハーフマラソンに参加します。
マラソンは明日だというのに全然実感がなく、恐ろしいです。。。

折角ベルリンにいるのだから記念にと
夫に諭され一緒に参加することにしたのが昨年の9月。
(ベルリンハーフマラソンは登録が早い程、登録費用が安いのです。。
迷う時間を与えない、なんというシステムでしょう。)

あれからあっという間に当日を迎えることになってしまいました。
当初は頑張って近くの公園を走っていたものの
冬になり、マイナス気温になり、体調を崩したりと
結局ほとんど練習できず。。ああ、恐ろしい。。

自己最長記録は10キロ。この2倍強を走れるでしょうか。

自分のペースでゆっくり行けばいいかなと思っていたものの
実は3時間という制限時間があり、この時間になれば
有無を言わさず後から来るバスに収容されることになるらしいのです。

まあ、参加することに意義があるということで
今回は出来る範囲でがんばります。

さて、話は戻ってゼッケン受け取りについて。

当日にもゼッケンは受け取れるのですが
かなりの時間がかかるとのこと。

数日前からテンペルホフ空港公園で
イベントもかねた受け取り(3日間)カウンターが設けられます。

空港内の元搭乗手続きカウンターはスポンサーのadidasの幕。
f0200015_22504143.jpg

同じく公式スポンサーのBMWの風船もお出迎えしてくれます。
f0200015_22505784.jpg


長い通路を歩いて、てくてく歩くと
屋外では色々な屋台が出ています。
子どもたちが遊べるようなスペースもあったのですが、
その日はあいにくの雨で、人もまばら。
f0200015_22502119.jpg


ゼッケン受け取りカウンターではブランデンブルグ門がお出迎え。
門の上の像がランナーになっています。
f0200015_22402431.jpg


登録証明の用紙を持ってカウンターに行き
ゼッケンとタイムカウンターを受け取ります。
f0200015_2240377.jpg


当日のコース。ほぼベルリンの町をぐるりと一周。
21キロ。想像がつきません。
f0200015_22402942.jpg


参加者全員がもらうTシャツ。
f0200015_22404461.jpg

私たちはてっきりTシャツは購入するものだと思っていたので
インターネットで登録時に注文してしまっていました。

注文していたTシャツはこちら。
adidasのショップで受け取ります。
可愛いデザインだったので結果オーライ。
f0200015_22405287.jpg


イベントはマラソン用品のお店で一杯。
f0200015_2241617.jpg


普段は見かけないテーピング屋さんや
f0200015_22412013.jpg


カラフルなマラソンウエアーや
f0200015_22412462.jpg


ランニングシューズ。
f0200015_22413632.jpg


スポーツ食品や飲料。
f0200015_22415791.jpg


マラソン攻略グッズを見ては、ちょっとずつ焦る私たち。
f0200015_22413566.jpg


当日の準備は大丈夫だろか。。と心配になり
我が家もランニング中のエナジー補給のためのスポーツ食品を
少し買ってみました。

お手頃価格にもなっていて
当日に摂る飲料や食品がかなり売れてました。

マラソンに関係するありとあらゆるお店があって楽しかったです。
f0200015_2242215.jpg


そしてほとんどが通常よりお手頃・特別価格。adidasは一律10%オフ。
中には50%オフなんていう商品も。
今更ランニングシューズを買う人なんているのかなと思ったら
お手頃価格だからだったのですね。

アルコールフリーのビールブーズもありました。
さすがドイツですね。
f0200015_22414867.jpg


こちらはアシックスのブース。
店員さんが皆「走る」と書いたTシャツを着ていて
面白かったです。(写真では紫のTシャツの方)
f0200015_22422850.jpg


足の筋肉や形を計ってくれるマシンもありました。
私たちもやってもらいたかったのですが、残念ながら1時間待ちで断念。
f0200015_22493536.jpg


帰りの入り口には「Viel Erfolg!」と成功を祈るの文字が。
f0200015_22495711.jpg


ここ数日今までの暖かい気候が嘘のように
ぐっと気温が低くなり、ただ今16時半で気温は2度。
今日はおまけに大粒のヒョウの嵐で悪天候。
明日、良い天気に恵まれることを祈ります。

今から二人とも明日に向け緊張気味。
怪我だけはしないように
無理せず、自分のペースでがんばろうと思います。

ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
[PR]
by milchschokolade | 2012-03-31 23:57 | イベント

ベルリンマラソン。

f0200015_22274485.jpg

先週の日曜日、25日はベルリンマラソンでした。

家の近くもコースになっているので
朝からなんだか外がずんじゃか賑やか。

お仕事だった夫とベルリンメイン通り
ブランデンブルグ門に繋がるウンターデンリンデンで
お昼に待ち合わせでしたが
通りはこの通り閉鎖していて横断できず。
f0200015_2228384.jpg

夫は地下鉄に乗って通りを横断しました。

とっても良い天気でマラソン観戦日和。
f0200015_22275268.jpg


コースのところどころに(家の近くにも)
サンバの軽快なリズムが流れていたのですが
こちらの方々でした。
f0200015_23232971.jpg


走っている人も応援している人も
楽しく良い気分。

日本の国旗を背負って走っている方を発見。
f0200015_2323154.jpg


前々からベルリンマラソンに出場したいと言っていた夫。
これに触発され、、
早速帰って4月のベルリンハーフマラソン出場に登録!

そしてこの8月からジョギングを始めた私。
どうにか続けられていて
ついに10キロ走れるようになりました。
(でもまだ1回だけ。。)

10キロが走れるならハーフマラソンは大丈夫という情報と(夫情報。本当か??)
ベルリンでハーフマラソンに出場するなんて
一生に一度で、こんな機会滅多にないのだからという誘いの言葉に、、

私も登録しちゃいました。

本当に走りきれるのか今から既に心配。

でもこのマラソン出場登録。
迷っている人を迷わせない、よいシステム。

早く登録すれば参加費用も安い。
始めの5000人は30ユーロ。
5001〜15000人までは35ユーロ。
15001〜25000人までは40ユーロ。
25001〜27500人は45ユーロ。
どんどん値段が上がっていきます。

私たちは5000人以上1万5千人以内だったので35ユーロでした。

目標があった方がよりジョギングもがんばれるけど
初のハーフマラソン出場。
今からドキドキしてます。
[PR]
by milchschokolade | 2011-10-01 23:27 | イベント
f0200015_3274157.jpg

先週の土曜日に「平和の光のメッセージ」と題する
ブランデンブルグ門でのイベントを観に行ってきました。

外交関係を結んで、今年で150年となるのを記念して、
日本人の照明デザイナー、石井幹子さんと娘のリーサ明理さんが企画したもの。

葛飾北斎の浮世絵や地球、そして48カ国後の「平和」の文字が
門に映し出されました。

そして最後にはこんなメッセージが。
f0200015_3274985.jpg


こちらは9月9日の金曜日にベルリンで活躍する日本人音楽家たちによる
チャリティーコンサートの様子。
f0200015_3275994.jpg

カイザー・ヴィルヘルム記念教会で行われました。
通常はそれぞれ別のオーケストラに所属している方々が
一緒に弾く演奏は本当に贅沢でした。

震災から6ヶ月。
震災直後ほどではないものの
チャリティー活動は続いています。
末永い支援の大切さ。心に改めて刻みました。

光のパフォーマンスの後は、
日本のパフォーマンスグループfaifaiのベルリン公演に行ってきました。
f0200015_328725.jpg

かなりのハイテンションパフォーマンスで
ついて行くのがやっとでした。
途中体調がおかしくなったのもあって
退席することになりました。

退席したのもつかの間、
原因不明の嘔吐に襲われ、帰るのもやっと。
気持ちが悪くて電車も1、2駅で降りなくてはならない状態になってしまいました。
とほほ。

その後家に帰ってきてからは
上から下から共に大変なことに。。。

夫は、同じ御飯を食べていたのにへっちゃらなので
一体何に当たったのか、皆目見当がつかず。

こんなこと、ドイツに来てから初めてです。
まだ胃が痛いですがどうにか落ち着きました。

でも原因が分からないというのは
なんだか落ち着きません。
[PR]
by milchschokolade | 2011-09-13 06:45 | イベント
f0200015_2056450.jpg

10日から13日までベルリンで開催しているKarneval der Kulturen
(カルチャーカーニバル)にお友達と行ってきました。

場所はMehringdammとHalleschestorの間です。
毎年開催されています。

12日には民族衣装などのパレードが行われます。

様々な国の屋台やお店が出ていて、見て回るだけでも十分楽しめます。

こちらはサハラ料理。
f0200015_20585138.jpg

アフリカ料理。
f0200015_20591958.jpg

丸々お魚が焼かれていて美味しそう。
f0200015_2203145.jpg


世界中のビールが飲めるビール屋さん。
f0200015_20594497.jpg

こちらの屋台が行列が出来ていたアフリカ料理。
f0200015_2101899.jpg

みんな美味しそうに食べているので私たちも食べることにしました。
f0200015_2115923.jpg

頼んだのはSweet Motherセット。
スパイシーな味付けにピーナッツバーターソースがかけてある手羽先と
フライドバナナ、チキンライスにチキンと野菜のグリル。
そしてサツマイモのフライ!しっかり日本のサツマイモと同じ味でした。
(ドイツのサツマイモは甘くありません。。。)
f0200015_2121919.jpg

どれもすばらしく美味しくお友達と感動しました。
もし行かれることがあったらぜひここで食べるのをおすすめします!
ボリュームたっぷりでお値段も6ユーロとお手頃価格。

イチゴの帽子。
f0200015_2110054.jpg

こちらはヘアアクセサリーを付けたり三つ編みを結ってくれるお店。
f0200015_2192131.jpg

f0200015_21103037.jpg

f0200015_21113656.jpg

こういった普段はなかなかないお店も出ているので面白いです。

貝殻屋さん。子どもたちでにぎわっていました。
f0200015_2112228.jpg

たくさんの種類の貝殻。
f0200015_2113435.jpg

輪切りの貝殻があるなんて面白い。
f0200015_21133739.jpg


こちらはトルココーヒー。
コーヒーを水から鍋で煮立てて上澄みだけを飲むらしい。
f0200015_21141152.jpg

f0200015_21481034.jpg


ドイツのパン屋さん。釜で焼いた焼きたてを出してくれる。
f0200015_2149510.jpg

ドイツのクリスマスマルクトお馴染みのパン。
中にハムとトロトロのチーズが入っています。ドレスデン名物らしい。
f0200015_22145615.jpg


全体的にアフリカ料理やブースが多かったです。
アジア料理はインド料理だけだったような。
f0200015_22123995.jpg


ジャマイカのチキングリル屋さん。
(隣のドラム缶みたいなところでチキンを蒸し焼きにしています)
f0200015_2150065.jpg


所々に設置された舞台では色々イベントが開催されています。
f0200015_2151191.jpg


エチオピアブース。
お香を焚いていたようで、独特の香りが漂っていました。
f0200015_21514530.jpg

f0200015_2159661.jpg


どこもかしこもスパイシーなお肉が焼けるいい香りに包まれています。
f0200015_2242276.jpg

f0200015_2252965.jpg

美味しそう。。
f0200015_2254877.jpg


ヘナ染め。
f0200015_2262390.jpg

f0200015_2265877.jpg


こちらはインド式ヘナ染め。男性がやっています。
f0200015_2272385.jpg


国によって模様も異なっていて面白い。
f0200015_2275824.jpg

f0200015_2291051.jpg

下絵なしにあっという間に描いてしまう業にはびっくりします。
見てるだけで楽しいです。
絵柄によって値段は違いますが、たしか5ユーロぐらいからでした。
f0200015_22102296.jpg


月曜日も祝日で週末を含めて3連休ということもあって
すごい賑わいでした。
f0200015_2256975.jpg

f0200015_22115596.jpg

f0200015_22161869.jpg


アメリカ料理としてあったのがハンバーガー。
f0200015_2216439.jpg

f0200015_22171587.jpg

ベーコンがジュウジュウ焼かれているのをみて
f0200015_22174136.jpg

私たちも思わず購入。お友達と半分こ。
お願いしたらお店の人が丁寧に
半分にカットしてそれぞれ包んでくれました♪
f0200015_22183971.jpg

久しぶりにハンバーガー食べました。美味しかった。

こちらはチェコに行った時にも見かけたお菓子屋さん。
ボヘミアケーキと書いてあります。
f0200015_22232344.jpg

f0200015_2224419.jpg

パン生地を棒にくるくると巻き付けて表面に砂糖やナッツを
まぶして焼き上げられてます。
f0200015_22244062.jpg

TRDELNIK(トルデルニーク)と呼ばれるそう。
元々はスロバキアが発祥のチェコ伝統のお菓子だそうです。

ベルリンではあまり見かけないベルギーワッフル屋さんも発見。
f0200015_22295114.jpg


ロシアの屋台には
f0200015_22303436.jpg

乾燥した魚が売られていました。
f0200015_2234019.jpg


ブラジル伝統のカクテル、カイピリーニャ(Caipirinha)を
売っているお店がたくさんありました。
爽やかで美味しそう。
f0200015_22342886.jpg

たくさんのライムと砂糖をグラスに入れて、すりこ木で潰して
そこにたくさんのクラッシュアイスとお酒を投入してシェイク。

ブラウンシュガーを使っているところが多かったです。
元々はカシャッサというサトウキビを原料にした
ブラジル原産の蒸留酒を使うそうですが
今はラム酒でのバリエーションも多いとか。

こちらはチェコの屋台、ボリューム満点のグリル。
f0200015_2242184.jpg

豚バラ肉とソーセージがしっかり挟んで焼かれています。
f0200015_22424377.jpg


ペルーのお店にはかわいいものがたくさんありました。
素敵なラグ。いいお値段、70ユーロ。
f0200015_22472896.jpg

かわいい絵が描いてあるマラカス。
f0200015_22483648.jpg

カラカラといい音が鳴る飾り。
f0200015_22491811.jpg

色遣いがビビットでかわいい。靴。
f0200015_22504857.jpg

笛。
f0200015_2250855.jpg

鳥の絵が彫ってある大きなマラカスなどなど。
f0200015_2251349.jpg



こちらはオリーブの木を使った雑貨屋さん。
f0200015_22523740.jpg


ドイツ語もしくはアラビア語で名前を彫ってくれるアクセサリー店。
f0200015_22575766.jpg

後ろの男の子が自分のブレスレットを見て微笑んでいるのがかわいい。
f0200015_2257165.jpg


フルーツがたくさん。美味しそう。
f0200015_2258236.jpg

f0200015_22584497.jpg


水たばこを吸えるブースまでありました。
f0200015_2259886.jpg

f0200015_22594180.jpg


公園が隣接されているので、のんびりする人たち。
f0200015_230516.jpg

こんな遊具も出てました。
f0200015_2304228.jpg


果実酒屋さん。
ルバーブ、たんぽぽ酒。
f0200015_2314521.jpg

ニワトコ、野いちご酒。
f0200015_2311214.jpg

ローズ酒など種類はさまざま。
f0200015_2335323.jpg

お友達はルバーブ、私は野いちごのお酒にしました。
0.2Lとちゃんと印があるのにそれ以上に並々注いであるのが
ベルリンらしいです。アルコール度数は3〜5%ぐらい。
f0200015_2322550.jpg


あいにく夕方雨が降ってきたので
私たちは途中で退散。

お店は昨日も今日も11時から24時までやっているそう。
帰る時になっても続々人が集まってきていました。

月曜日(明日は11時から19時まで)も開催しています。
おすすめです。
[PR]
by milchschokolade | 2011-06-13 00:01 | イベント
f0200015_20271275.jpg

今日からイースター休暇が始まりました。
この4連休はずっと天気がいいみたいです。
天気のいい休日はなによりも嬉しいです♪

イースター、クリスマス、年末年始など劇場は繁忙期なので
公演はお休みではないのですが
稽古はお休みになります♪
夫と二人揃っての久々の連休、わくわくしています。

イースターについて
こちらに記事を書きました。
[PR]
by milchschokolade | 2011-04-22 20:28 | イベント
f0200015_20121858.jpg

6日(の未明)はドイツのサンタクロースこと聖ニコラウスがやってくる日です。
ドイツの子どもたちにとって特別な日。

ニコラウスは良い子の靴の中(や周り)にプレゼント(お菓子)を
置いてくれます。

そのため、子どもたちは自分の靴を事前に綺麗に磨いておかなくてはなりません。
悪い子や靴を磨いてない子は、プレゼントはもらえず
逆に鞭でお尻をぶたれてしまうとか。

プレゼントの定番の一つは聖ニコラウスを模ったチョコレート。
この時期、お店にはたくさんの聖ニコラウス(サンタクロース)形の
チョコレートが並んでいます。

チョコレートメーカーごとに出しているので
ニコラウスの顔やデザインが違っていて面白いです。

ドイツの定番チョコ、milkaのニコラウス。
ミルクチョコレート。
f0200015_20235251.jpg

ビターチョコバージョンのmilkaニコラウス。
f0200015_20275799.jpg


KitKatのニコラウス。クリスピーチョコ。
f0200015_20303843.jpg

smartiesニコラウスチョコ。
f0200015_20313372.jpg


キンダーサプライズでもおなじみKinderチョコのニコラウス。
f0200015_20323452.jpg


ミントチョコでおなじみアフター・エイト(After Eight)ニコラウス。
f0200015_203951.jpg


愛嬌たっぷりのお目々のニコラウス。
f0200015_20424049.jpg

f0200015_20404023.jpg


まさに聖人ニコラウス形のチョコ。
f0200015_20414596.jpg


缶タイプのニコラウス。中にお菓子が詰まってます。
f0200015_20431262.jpg


高級チョコ代表、スイスのリント(Lindt)では巨大ニコラウスや
パッケージタイプも。
f0200015_20442715.jpg

そしてニコラウスチョコポールまで。一番上の大きなニコラウスもチョコで出来てます。
f0200015_20462070.jpg

f0200015_20465056.jpg

f0200015_20471820.jpg

サイズも様々。手乗りサイズのもの。
f0200015_2048251.jpg

ニコラウスだけでなく天使形や
f0200015_2048115.jpg

雪だるま(チョコバージョンと缶バージョン)の形のものまで展開してます。
f0200015_20493824.jpg

f0200015_20491398.jpg


クリスマスのチョコの定番・アドベントカレンダーも含めて
クリスマスの時期にはチョココーナーがどこのお店もにぎわっています。
f0200015_20502515.jpg

[PR]
by milchschokolade | 2010-12-05 21:10 | イベント
f0200015_224621100.jpg

マイセン磁器の工房にはアウトレットが併設されています。
山積みにされたマイセンの数々。定番のものもたくさん。
f0200015_22523956.jpg

心奪われたのは、定番ブルーオニオンのカップ&ソーサー。
カフェラテボールぐらいの大きめの作り。
f0200015_2248333.jpg

お値段はたしか170ユーロぐらいだったかと。
このアウトレットでは3つ買うと一番安いもの1つが
ただというキャンペーンをしていたのですが
それでもなかなか手が出せないお値段です。

こちらのデザインもかわいらしかったです。
f0200015_22565810.jpg

138ユーロのシュガーポットが50%オフで69ユーロ。
f0200015_232913.jpg

279ユーロのポットが137ユーロ。とお安くなっていて
さらにひとつプレゼントしてくれるので、マイセン好きの方にとっては天国のはず。
f0200015_2322974.jpg

みなさんたくさんお買い物されていました。

こちらはカラーのシリーズ。お値段もぐっと上がります。
f0200015_233774.jpg

f0200015_23131573.jpg

小さなお皿でも264ユーロ(元々は449ユーロ。。)
f0200015_2394073.jpg

f0200015_236912.jpg

お値段にはびっくりしますが、でもやっぱり素敵です。
f0200015_231010100.jpg

f0200015_2310327.jpg

こちらのセットはなんと44%オフで2491ユーロ(元々は4447ユーロ)。
f0200015_23104964.jpg

そのほかにも色々なものがお店には並んでます。
f0200015_23121987.jpg

f0200015_23123998.jpg

f0200015_23125961.jpg

同じ大きさのお皿でも絵柄によってはびっくりするほど値段が異なっていたり。
(見た目ではあまり違いが分からないのですが。。)

食器をすぐ割ってしまう我が家には、怖くて手が出せず。
食器購入までは至りませんでしたが、とっても贅沢なマイセン工房の見学でした。
[PR]
by milchschokolade | 2010-10-27 00:05 | イベント