ベルリンでの毎日で体験したこと、気づいたこと、感じたこと。生活のきろく。


by milchschokolade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

圧力鍋で中華粥を作る。

f0200015_7302539.jpg

先日夫が親知らずを抜きました。
下の親知らずを両方一度に。

これではどちらか一方で噛むこともできず
使えるのは前歯のみ。食べることも難しい状態。

ドイツの歯医者さん、無茶なことします。
でも本人曰く、嫌で痛いことを2回に分けてするより
一度に終わった方がいいとのこと。

先生も「一つだけ抜いても両側いっぺんに抜いてもいいですよ。
これは好みです。」おっしゃていたとのこと。
明らかに無謀な感じがしますが。

でも無事に抜糸もできて今は回復に向かっています。
ようやく普通の食事に戻ることができました。

でもそれまでは口を開けるのも痛いし
噛めないしで食べれるものと言えばおかゆ。
毎日おかゆ生活が始まりました。

始めは卵だけのシンプルなおかゆばかりでしたが
栄養も偏るしそろそろ別のおかゆをと
中華粥を作りました。

美味しいものを作るため準備は念入りに。

頂いた美味しい干し貝柱を
前の日から冷蔵庫でゆっくり戻しておきました。
いいお出汁が出ます。
f0200015_7295346.jpg


そこに前の日から塩と胡椒をすり込んで
下味を付けておいた骨付き鶏もも肉を投入。
f0200015_73014.jpg



お米1カップにお水を7カップ程(2人強分)。
圧力をかけて40分しっかりコトコト煮込みます。

すると鶏肉はトロトロ。骨がするりと取れちゃいます。
お肉をほぐして、刻み生姜をたっぷり、そしてごま油を回し入れます。
お肉はふっくら、しかもしっとりしていて
びっくりするほど柔らかく出来上がっていました。
f0200015_7301022.jpg


始めはネギ(塩とごま油を混ぜておいたもの)でシンプルに。
f0200015_7301991.jpg


徐々にアクセントとして茹でたルッコラのゴマ和えや
刻み昆布、お漬け物などトッピングを加えて頂きました。

美味でした〜。


あと、我が家の冷蔵庫の中の卵パックを開いたら
こんなイラストが描いてあってびっくり。
f0200015_729421.jpg



どうやら犯人は夫。
最近さらに丸々になって卵みたいになってきた
私の似顔絵とのこと。いつの間に!

親知らずを抜いてちょっとおたふく状態になりかけの夫に
腫れを隠すための真智子巻きを提案した時の私らしいです。。
(男性にはさすがに真智子巻きは不自然なのでしませんでしたが。)


ブログランキングに参加しています。
ぽちぽちっと応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
[PR]
by milchschokolade | 2012-06-15 07:38