ベルリンでの毎日で体験したこと、気づいたこと、感じたこと。生活のきろく。


by milchschokolade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お好み焼きとドイツのキャベツ。

f0200015_624270.jpg

先日夫が数日だけ日本に帰国していて
家族から受け取った
たくさんのお土産と共にベルリンへ戻ってきました。

皆ベルリンでの生活を応援してくれていて
いつも助けられています。
今回もたくさんの日本食材とプレゼント。
私たちのことを想って選んでくれたんだと思うと
胸が熱くなります。感謝です。
どれも助かるものばかり
大事に使わなくてはと毎回思います。

先週はまた研修が忙しくなり
慌ただしく一週間があっという間に過ぎていきました。
そんな中、早速お土産の中に入っていたお好み焼きの粉で
お好み焼きを作りました。美味しかったです♪

お好み焼きは薄力粉でも作れますが
やっぱりお好み焼きの粉を使うと
簡単だし出来上がりもふっくらしていて美味しい。

それにお好み焼きはおかずも考えなくていいので
らくちんです。

具は、残念ながら薄切りの豚肉が売っていないので、いつもエビがメイン。
切りイカや揚げ玉や桜エビなども加えて食材は本格的です。

キャベツは日本のキャベツに似たとんがり頭のSpitzkohlを使います。
形は先が尖っていて見た目は全然似てませんが
葉っぱも柔らかく甘みがあり、味は一番似ています。

ドイツには色々な種類のキャベツがあり、
ドイツに来た当初はどれを買って良いかどうか迷いました。

みんな一度は経験するようですが
見た目が似ているドイツ定番のキャベツ(Weisskohl)を買うと失敗します。
堅くてびっしり詰まっていてむくのも難しくおまけに重い。
味もちょっと苦みがあります。私も経験済み。。

Weisskohlはドイツ料理の定番ザウアークラウトや
煮込み料理によく使われてます。

また邪道ですがキャベツに加えて
もやしを細かく刻んで入れることも多い我が家。
(野菜一杯にしたいので。結構おすすめです。)
でも今回はO104の食中毒事件があって
もやしがお店から消えていました。

食中毒はビオ(有機)のスプラウト(もやしなどの新芽野菜)が
感染源だと分かり、ようやく一件落着したかと思われましたが
実はまだ最終的には解決されていないみたいです。
[PR]
by milchschokolade | 2011-06-20 06:56 |