ベルリンでの毎日で体験したこと、気づいたこと、感じたこと。生活のきろく。


by milchschokolade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

クナイプ(Kneipp)のバスオイル。

f0200015_21445346.jpg

お友達におすすめしてもらっていて気になっていたのでバスオイルを
購入してみました。

こちらは空気が乾燥しているのと硬水ということもあるのか
バスオイルが充実しています。
エッセンシャルオイルを使った効能付きのものであったり、
様々な香りやテクスチャーなど、種類も豊富です。
季節限定のバスオイル(香り)も売り出されています。

バスオイルを使うと冬でも肌がかさかさにならないよとお友達に聞いて
我が家でも使ってみることにしました。

選んだのは日本ではバスソルトでおなじみのクナイプのバスオイル。
お友達もおすすめしていたメリッサの香りをセレクト。
f0200015_21454119.jpg

天然ハーブの精油を使っていてリラックス作用があり、
柑橘系ですっきりした香り。

バスオイルにはErkältungsbadölという風邪の時のバスオイルもあって
(どのメーカーも出してます)
発汗作用があり呼吸(鼻の通りがよくなる)がしやすくなるらしい。

Erkältungstee(風邪の時用のお茶)と同様、
できるだけ薬を飲まずに治すドイツならでは。
ドイツ人のお友達のお家にはちゃんと置いてありました。
クナイプでは子供用と大人用と別に売られています。

風邪をひいた時にはお風呂は控えるという意識がある日本人の私には
なかなか受け入れにくいのですが
いつか風邪の引き始めなどに使ってみたいなと思っています。
[PR]
by milchschokolade | 2010-10-18 21:59 | お気に入り