ベルリンでの毎日で体験したこと、気づいたこと、感じたこと。生活のきろく。


by milchschokolade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

エアフルトへの旅。

f0200015_092441.jpg

ヴァイマールから電車で30分のエアフルト(Erfurt)。
ベルリンの大家さんにヴァイマールまで行くのなら、ぜひエアフルトまで
足を運んだ方がいいと、強く薦められやってきました。

確かにテューリンゲン州の州都だけあって、ヴァイマールより開けています。
そして町並みがとても美しい。
f0200015_0131811.jpg

ドイツ中世によくあるかわいらしい木組みの家というよりは
豪華で装飾的な感じ。
大家さん曰くアールヌーボー様式だとか。
f0200015_0173396.jpg

f0200015_018429.jpg


中でもかわいらしく素敵だったのが
東西の交易の中心地として商人達が行き交いにぎわったとされる
クレーマー橋。
f0200015_0195569.jpg

橋といっても両サイドにお店が並んでいるのでとても橋には見えませんが

外から見るとこの通り。橋の上にお店が並んでいます。
今は川は乾き気味のようです。
f0200015_023894.jpg

最盛期は62軒のお店が並んでいて
遠方からの行商人でにぎわっていたとか。

下の写真のアーケードが橋入り口です。(写真は橋側から撮ってます)
f0200015_0201531.jpg


小さなお店が軒を連ねているので一軒一軒見ていくのが楽しい。

こちらはアンティークショップ。ディスプレイが素敵です。
f0200015_0222831.jpg


こちらもまたまたアンティークショップ。同じくディスプレイが素敵。
f0200015_0251447.jpg


小さくかわいらしい建物に囲まれて、
絵本の中にでも入ったみたいに感じられます。
f0200015_0261651.jpg


こちらのクレーマー橋。左利き用グッツのお店もありました。
f0200015_0375091.jpg

左利きの私としては、見過ごせないお店。

はさみ、缶切り(回すタイプ)、おたま、ペン、カッター、包丁、
PCのキーボードに至るまで、なるほどと思うグッズがたくさん。

今までユニバーサルデザインや左利き用グッズを見てきたものの、
これといって左利き用の道具を持っていなかったのですが
このお店と出会い、父母がはさみをプレゼントしてくれました♪

帰って使ってみたところ、びっくりするほどの切れ味。使いやすさに脱帽です。
右利き用の道具を使って普通と思っていたけど
本当はもっと暮らしやすい(?)使いやすい世界なのかも。
[PR]
by milchschokolade | 2010-08-11 00:33 | 旅行